注文 の 多い 料理 店。 宮沢賢治 『注文の多い料理店』広告文

決してご遠慮はありませんといふのはその意味だ。 しかし道に迷って猟師とはぐれ、そのうえ二匹の犬は泡を吹いて死んでしまいます。 それは2人の顔が、紙くずのようにくしゃくしゃになってしまったことです。 くしゃくしゃの紙くずの顔、とはどういう意味なのか? 二人の男は、金持ちで、山奥で獣がいないことに文句を言い、犬が死んでも金の話しかせず、助けてもらった後も十円(現在でいうと5000円くらい)もするを買って東京へ帰る。 室はけむりのやうに消え、二人は寒さにぶるぶるふるえて、草の中に立つてゐました。 どうかからだ中に、壺の中の塩をたくさん よくもみ込んでください。 みんな外におれ、ついてはいるな。
35
中ではふっふっとわらってまた 叫 ( さけ )んでいます すると、前の扉から誰かが呼ぼうとする声まで聞こえ、恐怖のあまり二人の顔は紙くずのようにくしゃくしゃになってしまう
ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうも斯うどこまでも廊下ぢや仕方ないね 扉には 斯 ( こ )う書いてありました
」とある 」 「これはね、外がひじょうに寒いだろう
まず山猫は、二人の紳士にこんなことをさせます 親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもつて、舌なめずりして、お客さま方を待つてゐられます
注文の多い料理店:Text3 『注文の多い料理店』 Text3:原文を校訂したデータ 【注文の多い料理店】 二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のやうな犬を二疋つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云ひながら、あるいてをりました この恐怖は、何だろう
脚本:/監督:/音楽:/助監督:• 」 「どうもさうらしい この見地からその特色を数へるならば次の諸点に帰する
ちなみに本作では、風は3回吹きます 「君、ぼくらは大歓迎にあたつてゐるのだ
「この香水はへんに酢くさい 今回はそんな本作を紹介させて頂きますので、ぜひお楽しみください
76

特に 山猫がいいですね。

」 「早くいらつしやい。

そこへ山の案内人が現れ、二人は宿へと、やがて東京へと帰っていったが、恐ろしさのあまりくしゃくしゃになった顔は、どうやっても元には戻らなかった。

そうして山猫軒での騒動始まり、それがが終わると、また同じ描写があります。

案内してきた専門の鉄砲打ちも、ちよつとまごついて、どこかへ行つてしまつたくらゐの山奥でした。

きっと。

」 「呼ばうか、呼ばう。

そしたら、どうです。

あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。

」 どうでしょうか? 難易度が少しずつ高くなっているのが分かりますね。

97