コロナ 予言 終息。 ゲッターズ飯田「2022年3月にコロナ収束」過去の予言が現実味を帯びる

すると、そこを重点に写真撮り浄化したら、「3分で嘘のように症状が無くなった!」との連絡が入りました。

99

この体験は、必要で、とても意味の深いものと感謝しています。

ワクチンが広く接種される時期が北半球の夏にあたるという季節要因も重要です。

又先回のブログ では、 より恐ろしい悪魔のお話もさせて頂ました。

generic-button:nth-child 2n a, members-stream li. 現在イギリスやアメリカで接種が始まっているワクチンだが、今回のワクチンはこれらのリスクの解決策にはならないということだ。

また、日本と中国の間あたりで巨大な地震が起き、これは恐らく沿岸部の地震から始まる。

ご期待ください! 2020年4月5日 14時. リモートワークの推進、IT化が進むため、物質的なものが不便になる場面も増えてきました。

2つのシナリオが予測されます。

「新型コロナにはそれが当てはまらなかった」というリスクはあるという前提で話を聞いていただきたいとは思いますが、それでも極度に未来について悲観的になる必要はないと私は考えます。