燃料 ポンプ リコール。 ホンダ、「CR

これまでの不具合件数は、本田技研工業が製作したもので21件、HONDA OF THE UK MANUFACTURING LTD. トヨタは、2019年9月および20年3月にデンソー製の燃料ポンプを搭載した複数車種のリコールを国土交通省に届け出た。

トヨタは年間1000万台のクルマを販売しており、その3割以上がリコール対象になった計算となる。

「中国市場以外については精査中」(ホンダ)だ 車名 型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の車台番号 (シリアル番号)の範囲及び製作期間 サービスキャンペーン 対象車の台数 備考 ヤマハ JBH-UA06J ギアBX50 UA06J-100101~UA06J-104415 平成19年8月17日~平成21年1月12日 4,216台 ギアBX50S UA06J-130101~UA06J-132452 平成20年1月23日~平成20年5月21日 1,465台 UA06J-160101~UA06J-160724 平成20年3月25日~平成20年10月13日 420台 ギアBX50N UA06J-110101~UA06J-117300 平成19年8月17日~平成21年1月9日 7,199台 JBH-SA37J ビーノXC50 SA37J-100101~SA37J-106152 平成19年9月12日~平成21年2月13日 5,900台 ビーノXC50R SA37J-130101~SA37J-135827 平成19年9月12日~平成21年2月20日 5,268台 ビーノXC50D SA37J-150101~SA37J-159999 平成19年9月12日~平成21年2月2日 9,444台 SA37J-260101~SA37J-260583 平成21年2月2日~平成21年2月12日 70台 JBH-SA31J VOX XF50 SA31J-100101~SA31J-109514 平成18年3月8日~平成18年9月4日 9,414台 SA31J-180101~SA31J-182404 平成19年1月12日~平成19年9月7日 2,180台 VOX XF50D SA31J-160101~SA31J-168012 平成19年1月12日~平成20年12月25日 7,870台 SA31J-240101~SA31J-240104 平成21年1月14日 4台 JBH-SA36J ジョグCE50 SA36J-100101~SA36J-148260 平成19年7月13日~平成21年1月23日 47,872台 SA36J-570101~SA36J-570218 平成21年2月6日~平成21年2月13日 118台 JBH-SA39J ジョグCE50D SA39J-300101~SA39J-313322 平成19年11月14日~平成21年1月17日 13,188台 SA39J-650101~SA39J-650828 平成21年2月6日~平成21年3月4日 361台 ジョグCE50ZR SA39J-530101~SA39J-536201 平成20年10月27日~平成21年2月23日 4,175台 EBJ-SE44J シグナスX XC125 SE44J-100101~SE44J-108695 平成19年8月17日~平成21年1月19日 8,224台 シグナスX XC125SR SE44J-130101~SE44J-133358 平成19年10月18日~平成21年1月20日 3,194台 JBK-SG21J マグザムCP250 SG21J-000013~SG21J-005944 平成19年8月20日~平成20年12月2日 5,929台 BA-SG17J マグザムCP250 SG17J-016410~SG17J-018389 平成19年2月2日~平成19年8月9日 1,980台 JBK-SG20J マジェスティ YP250 SG20J-000058~SG20J-010187 平成19年5月14日~平成20年12月3日 10,100台 BA-SG15J グランドマジェスティ YP250G SG15J-016130~SG15J-016409 平成19年2月9日~平成19年8月9日 280台 JBK-DG15J WR250R WR250X DG15J-000089~DG15J-004274 平成19年10月16日~平成20年11月28日 4,125台 JBK-DG16J trickerXG250 trickerXG250S DG16J-000011~DG16J-000730 平成19年12月11日~平成20年11月10日 716台 JBK-DG17J SEROW 250 SEROW 250S XT250X DG17J-000013~DG17J-001870 平成19年12月5日~平成20年12月5日 1,854台 BC-SH04J グランドマジェスティ YP400G SH04J-003782~SH04J-004141 平成19年3月7日~平成19年9月12日 360台 EBL-SH06J グランドマジェスティ YP400G SH06J-000012~SH06J-000193 平成20年2月20日~平成20年11月7日 180台 BC-SJ04J XP500 TMAX SJ04J-003117~SJ04J-004096 平成19年2月5日~平成20年3月25日 968台 EBL-SJ08J XP500 TMAX SJ08J-000012~SJ08J-000971 平成20年6月6日~平成20年11月21日 960台 (計17型式) 計25車種) (製作期間の全体の範囲) 平成18年3月8日~平成21年3月4日 (計 158,034台) (対象範囲内には、サービスキャンペーンの対象外車両も含まれます
日本と海外で材料が異なるケースも 考えられる原因の1つに、材料の違いがある 不具合は、燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)において成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって燃料により膨潤して変形することがある
ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、お早めにご購入いただきました販売店へご連絡いただき、点検・修理(無償)をお受けいただきますようお願い申し上げます このインペラが燃料であるガソリンを含んで膨潤し、ポンプケースと接触して作動不良を起こす
なお、部品の準備に時間がかかり、ご迷惑をおかけ致しますが、お客様への修理の案内が平成23年1月以降となりますことをご理解いただきますようお願い申し上げます 《纐纈敏也@DAYS》. [画像のクリックで拡大表示] 問題の燃料ポンプで、ホンダは既に世界で137万台のリコールを届け出ているが、今回はこれとは別の追加リコールとなる
注意: 1. すなわち、トヨタが誇る品質保証体制が、機能していなかったことがショックなのだ 加えて、品質保証の専門家は、かつて次のような経験をしたという
注意: 1. 車名 型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の車台番号 (シリアル番号)の範囲及び製作期間 サービスキャンペーン 対象車の台数 備考 ヤマハ JBH-UA06J ギアBX50 UA06J-100101~UA06J-104415 平成19年8月17日~平成21年1月12日 4,216台 ギアBX50S UA06J-130101~UA06J-132452 平成20年1月23日~平成20年5月21日 1,465台 UA06J-160101~UA06J-160724 平成20年3月25日~平成20年10月13日 420台 ギアBX50N UA06J-110101~UA06J-117300 平成19年8月17日~平成21年1月9日 7,199台 JBH-SA37J ビーノXC50 SA37J-100101~SA37J-106152 平成19年9月12日~平成21年2月13日 5,900台 ビーノXC50R SA37J-130101~SA37J-135827 平成19年9月12日~平成21年2月20日 5,268台 ビーノXC50D SA37J-150101~SA37J-159999 平成19年9月12日~平成21年2月2日 9,444台 SA37J-260101~SA37J-260583 平成21年2月2日~平成21年2月12日 70台 JBH-SA31J VOX XF50 SA31J-100101~SA31J-109514 平成18年3月8日~平成18年9月4日 9,414台 SA31J-180101~SA31J-182404 平成19年1月12日~平成19年9月7日 2,180台 VOX XF50D SA31J-160101~SA31J-168012 平成19年1月12日~平成20年12月25日 7,870台 SA31J-240101~SA31J-240104 平成21年1月14日 4台 JBH-SA36J ジョグCE50 SA36J-100101~SA36J-148260 平成19年7月13日~平成21年1月23日 47,872台 SA36J-570101~SA36J-570218 平成21年2月6日~平成21年2月13日 118台 JBH-SA39J ジョグCE50D SA39J-300101~SA39J-313322 平成19年11月14日~平成21年1月17日 13,188台 SA39J-650101~SA39J-650828 平成21年2月6日~平成21年3月4日 361台 ジョグCE50ZR SA39J-530101~SA39J-536201 平成20年10月27日~平成21年2月23日 4,175台 EBJ-SE44J シグナスX XC125 SE44J-100101~SE44J-108695 平成19年8月17日~平成21年1月19日 8,224台 シグナスX XC125SR SE44J-130101~SE44J-133358 平成19年10月18日~平成21年1月20日 3,194台 JBK-SG21J マグザムCP250 SG21J-000013~SG21J-005944 平成19年8月20日~平成20年12月2日 5,929台 BA-SG17J マグザムCP250 SG17J-016410~SG17J-018389 平成19年2月2日~平成19年8月9日 1,980台 JBK-SG20J マジェスティ YP250 SG20J-000058~SG20J-010187 平成19年5月14日~平成20年12月3日 10,100台 BA-SG15J グランドマジェスティ YP250G SG15J-016130~SG15J-016409 平成19年2月9日~平成19年8月9日 280台 JBK-DG15J WR250R WR250X DG15J-000089~DG15J-004274 平成19年10月16日~平成20年11月28日 4,125台 JBK-DG16J trickerXG250 trickerXG250S DG16J-000011~DG16J-000730 平成19年12月11日~平成20年11月10日 716台 JBK-DG17J SEROW 250 SEROW 250S XT250X DG17J-000013~DG17J-001870 平成19年12月5日~平成20年12月5日 1,854台 BC-SH04J グランドマジェスティ YP400G SH04J-003782~SH04J-004141 平成19年3月7日~平成19年9月12日 360台 EBL-SH06J グランドマジェスティ YP400G SH06J-000012~SH06J-000193 平成20年2月20日~平成20年11月7日 180台 BC-SJ04J XP500 TMAX SJ04J-003117~SJ04J-004096 平成19年2月5日~平成20年3月25日 968台 EBL-SJ08J XP500 TMAX SJ08J-000012~SJ08J-000971 平成20年6月6日~平成20年11月21日 960台 (計17型式) 計25車種) (製作期間の全体の範囲) 平成18年3月8日~平成21年3月4日 (計 158,034台) (対象範囲内には、サービスキャンペーンの対象外車両も含まれます その隙間に燃料(ガソリン)が浸入して膨潤したことが品質不具合を招いた原因とみられる
現に、2020年5月初旬には問題の欠陥燃料ポンプがSUBARU(スバル)の北米市場向けのクルマにも搭載されていたと発覚 トヨタ自動車(以下、トヨタ)の「メガリコール」の原因となったのだ
ダイハツは6月24日、『タント』など21車種95万台について、燃料ポンプ不具合でエンストのおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た 日本では「インサイト」「CR-V」「LEGEND」など4車種で1万9430台のリコールをホンダは届け出た
トヨタ自動車(以下、トヨタ)の「メガリコール」の原因となったのだ ご愛用の皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、トヨタ販売店からご案内させていただきますので、お早めに、最寄りのご愛用車取り扱い販売店へご来店日時をご予約いただき、点検・修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます
42