弱 酸性 次 亜 塩素 酸 水 使い方。 次亜塩素酸水とはどんな水?効果や保存方法を解説

次亜塩素酸水は、各種の病原細菌やウイルスに対して高い殺菌活性や不活化活性を示す• 名称はよく似ていますが、性質は全く違う溶液です。

強酸性水であれば、規格通りの塩素濃度20~60ppm。

そのため1シーズンで故障してもいいくらいの安価な加湿器をご使用いただくことをオススメします。

弱点は保存が難しく日持ちが1番しない事。

また 有機物と接触することによって水に戻るため、環境や人に対して安全性が高く、食品添加物としては殺菌料として野菜の色の維持、調理器具などの消毒などに、医療分野では強酸性電解水として医療機器を消毒するためなどに使われています。

話をもどしますと、 塩素は大量に吸い込むと涙が出て、息苦しくなり、鼻水が出てきます。

おわりに:次亜塩素酸水は高い殺菌効果と消臭効果をもち、安全性が高い 次亜塩素酸水はその安全性の高さから、家庭や介護施設、病院などさまざまな場所で使われています。

次亜塩素酸水の種類 次亜塩素酸水は、 ・強酸性次亜塩素酸水 ・弱酸性次亜塩素酸水 ・微酸性次亜塩素酸水 の3種類が存在します。

次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ 一方ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムが主成分の洗剤は、強アルカリが基本です。

強酸性水(次亜塩素酸水) 次亜塩素酸ナトリウム 性質 酸性 アルカリ性 使い方 原液でOK 希釈して使用する 安全性 口や肌に使用してもOK 手荒れの原因、口に含めない 効果 即効性がある じわじわ持続する 食品の洗浄 OK NG 上記の表をみていただくとわかりますが、この2つは性質や使い方、安全性などの違いがあります。

ただし、高温下にさらされる、直射日光に当たる場合には次亜塩素酸水の濃度が低下すると考えられます。

29 46