末期 が ん ブログ アメブロ。 兄の胃がん末期闘病記

ガン患者本人へのガン告知、そして医師への不信、不満など、今となっては思う事も記して行こうと思います。

夫である将軍は2年足らずで亡くなり大御台所に。

いますごく不安な状況のなかブログを書き始めました。

通常、11月下旬〜12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。

これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。

またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。

57
念のためMRI検査したところ「脳に出血がある」らしい このトラコミュは、同じ「胃粘膜下腫瘍」を持っている人同士で情報交換ができれば……という思いから作成しました
結局最期まで、自分が『癌』であることを知らずに亡くなってしまいました ・2013年「癌と闘わないー私の選択」出版 ・フジテレビ 土曜プレミアム 『中居正広の「終活」ってなんなの?に映像出演させて頂きました
今度は里から攻められ倒幕 学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである
そんなある日、体調の異変を感じ入院 この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「細胞をとって生体検査をしても、粘膜の下までは組織が取れないから良性か悪性か診断がつかない」などと言われて、悪いかもしれないものを1年も放っておいていいのか…? といった疑問を抱いたりしていないでしょうか? 胃カメラで偶然見つかる事が多いようですが情報が少なく、大袈裟な病名に不安になる方も多いと思います
インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる
辛い深刻な病気でも、医学に加えて、家庭の台所からのサポートが相乗効果をもたらすこともあるでしょう 集中治療室に入院が決まりました
昨日は地元のクリニックで診てもらって偏頭痛ではないかということで薬をもらって家に帰って安静にしていました CTを取ったところ異常なし
食いちぎりそうな感じなのです その約5年後、私は肝臓がんの末期で余命3ヶ月の宣告まで受けた、(元)末期がん患者です
72 60