台風 対策。 台風接近直前に対策を 家の中と外での3つの確認ポイント

支給額は最大300万円です。

テープを貼った際の窓ガラスの強度や飛散の変化について、サイエンスアーティストの市岡元気さんとともに科学実験動画を投稿している人気YouTuberの水溜りボンドさんが、検証動画をYouTubeに公開している。

出来れば前面にダンボールや飛散防止フィルムを貼ることをおすすめしますが、どうしてもない場合にはテープでもよいと思います。

一般家庭が台風接近までに取るべき対策の一例 飛散物の飛来を防ぐため、雨戸・シャッターを閉める 窓ガラスを板で覆う・ダンボールを全面に貼り付ける 屋外に置いている物を固定、もしくは屋内に取り込む 発災時に利用する防災グッズを用意する 買い物へ行けない期間を考慮し、早々に必要物を購入する 台風によって暴風が起こるエリアでは、飛散物による被害が懸念されます。

飛散防止フィルムを貼ったり、防犯フィルム、ガムテープを貼ったりするのは、窓ガラスの破片が飛び散らないようにするためです。

78 22