住田 紘一 被告。 死刑確定囚(2013年)

7
(被害者は)残虐な方法で殺されており、その無念さは察するに余りある 「刑事責任は極めて重い
この事件も当然裁判員裁判対象事件となり最近の市民感覚ではこのような残忍な事件は判例に関係なく特に厳しく裁かれることが多く実際死刑判決が下されたのですが、もし控訴し高裁で争えばこれまでの傾向ではおそらく8割方一等級減刑し無期懲役になった可能性のある事件だったように思います 2009年7月3日、東京高裁で検察・被告側控訴棄却
住田紘一と酒鬼薔薇聖斗の顔が似てるということを多くの人が感じたということです 2006年7月10日、神戸地裁姫路支部(田中澄夫裁判長)は、高柳被告に約3,800万円の支払いを命じる判決を言い渡した
残念だ」と批判した 死刑になりたくないから涙を流して最後に訴えかけたというのは、本当だと思いますが、その前の悪態などに関しては、どうなのでしょうか
その身勝手さに加え、命ごいする被害者を躊躇なく殺害し、遺体をバラバラにして遺棄した残虐性、「殺人は是認される」といった公判での非常識な発言もあり、「被害者複数で死刑」という過去の判例にとらわれることなく判決は下された 2010年 3月 吉田純子 (よしだ・じゅんこ) 看護師連続保険金殺人事件
同日の最終弁論で沖倉被告側の弁護人は「犯行計画は中身の薄い稚拙なもの 「I被告が男性の頭に袋をかぶせたので、自分もやらねばしょうがないと思った」と主張した
裁判では殺害の事実関係は認めたものの、保険金目的は否認していた 石巻3人殺傷事件 2016年 6月 浅山克己 (あさやま・かつみ) 拘置中
2014年6月から拘置所の集中治療室に移っていた 事件の残虐性もさることながら、1人殺害しただけでも死刑という裁判所の判断も話題となった、岡山強姦バラ 2011年に元同僚の女性派遣社員を殺害した住田紘一死刑囚(34)の死刑を執行した
北九州監禁殺人事件 2011年 12月 兼岩幸男 (かねいわ・ゆきお) 拘置中 誰にも言わないから命だけは助けてほしい、と懇願していたのです
77