はかまだれ、やすまさにあふこと 品詞分解。 校長だより

心の底からリラックス、リフレッシュして下さい。 一日あさましくたべゑひて。 ・ おえなえ:山形。 それに侍従おとらずこそ人々おもひためれ。 「行くらむ方」の「方」は時間的な意味で用い、「頃」「時分」ほどの意。
66
かゝる人に会ひ奉れるも、しかるべき御契あらん物ぞ」など語らへば、「そのかみの事は、いみじうたど 〳 〵しけれど、誠に事のつゞきを聞えざらんもおぼつかなかるべければ、たえ 〴 〵に少しなん 『おいや』
阿保親王が左遷先の大宰府から帰京した翌年の天長二年 835 に生れる 伊勢物語八十二段では「世の中にたえて桜の…」などの歌と組み合わされ、一日をかけた風雅な遊宴の一齣として物語世界に編み込まれている
ひといみじきものぞや もし進む船の後の白波に、この身をなぞらえる朝には、岡の屋に往復する船を眺めて、満沙弥の風情を盗み、 桂に吹く風がその葉を鳴らす夕方に、白楽天の潯陽の江をおもひやって、源都督の行いをならって琵琶を演奏します
どうして無駄に休んでいるのか 觀念こう (*功)つもりて、香の煙の中に化佛のあらはれ給けるを、すゑの代の人にえんむすばせんとて、ひとつとりとゞめたまひたりけり
行末おしはかられて、いとめでたし きびはなる御程に、いといみじうあはれなる御事なめり
29