松永 久秀 爆死。 松永久秀の生涯を簡単に★日本史上初「爆死」した豪傑は実は美形の教養人だった!?

信長の家臣になる 1568年に信長は足利義昭を将軍に擁立し上洛してきます ただ、松永久秀は主君である三好長慶を裏切ることはしていません
悪行その3:東大寺大仏殿を焼いた件 東大寺の大仏は国の宝です 一時は天下人候補だった凄い人物
『悪人列伝 近世篇』• 九十九髪茄子とは付藻茄子とも呼ばれる、唐物の茶入だった 8月20日、『多聞院日記』では、松城州(松永城州=松永山城守)の記事あり
ではどんな人生を歩んでいたのか? 1. 久秀が三好家に仕えていた時代、茶の湯が流行っていた堺を支配していました ところが翌年 元亀2(1571)年、久秀は武田信玄と通じ、離反の動きを見せ始めます
しかし一説には将軍殺害を主導したのは三好三人衆であり、久秀は義輝の弟である 足利義昭を保護下において次の将軍への就任を画策していたとの説もあります しかし、三好家の実権は没するまで長慶が握っていた、つまり三好家の実質的なトップは最期まで長慶であり 、久秀は長慶を出し抜こうとしたりその意に反した形跡はない
子の罪は親の罪、という考え方からいけば、それも一理あるかもしれません あくまでも個人的な見解ですが、そのように思っています
天正2年 1574 に多聞山城を検分した織田信長が衝撃を受けたのは、おそらくその点であったでしょう 光秀に惟任、長秀に惟住、に戸次 別喜 、塙直政に原田の姓をそれぞれ名乗らせている
「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのは U-NEXTだけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです 一般的には久秀の命によるとされているが、大仏殿に火を点けたのは誰か(あるいはそもそも放火なのか失火なのか)については諸説ある
同年10月、織田軍は信貴山城を包囲し、久秀は窮地に追い込まれた 武将としても教養人としても一流の久秀
95
その後、長慶の養子である三好義継が14歳で家督を継ぎ、久秀と三好三人衆(三好長逸、三好宗渭、岩成友通)が義継を補佐することになりました。 最期 [ ] にある松永久秀の墓 信長は、嫡男・を総大将、筒井勢を主力とした大軍を送り込み、10月には信貴山城を包囲させた。 3度目の反逆でも茶釜「平蜘蛛」と引き換えに助命を考えていた節があり、信長が一目置く武将であったとの見方もある。 長慶の死後はと、時には協力し、時には争うなど離合集散を繰り返し、畿内の混乱する情勢の中心人物の一人となった。 そして松永久秀は三好家が布陣する東大寺に奇襲をかけます。 久秀の存在が目立ち始めるのは、そんな将軍義輝、細川晴元らを京から近江へ追いやったころのこと。
66