ズームイン 水死体。 生放送中に水死体!?ズームイン朝の放送事故がヤバい

その人影は、池の上にぽっかりと 浮かんでいた。

日本テレビの朝の人気番組『ズームイン朝!』の名物コーナー「お天気リレー」の生中継の最中、ロケ先の池で突然水死体が流れつき、あろうことか、その模様が生放送される、という最悪な放送事故があったという。

そして、2006年に以下のような情報が付け足されています いち早く異変を察したスタッフがカメラを下げることで、お茶の間にその異様な光景を流し続けるという事態は避けることが出来た
これか 女性リポーターは思わず悲鳴をあげ、すぐさま映像は日本テレビのスタジオに切り替わったが、一瞬とは言え死体が大きく映し出されることとなった
実際に放送されていた有名番組だけに、その映像が都市伝説になったのもうなずける驚異的な瞬間だった カメラがズームアップしたところ、それは人の水死体であった
カメラがズームしてみると、それはなんと本物の水死体 みなさんは、ズームインというニュース番組があったのを覚えているでしょうか? 今では、が後継の番組になっていますね
日テレの世界丸見えで結構昔、レーサー(スタントマン?)が失敗して 首チョンパ もちろん作られたからには、きっちり電波に乗せるのが流儀である
ただ、テレビニュースでの放送などは自粛された可能性はあるかも知れませんが、本当にこんな水死体発見があったとするなら、地元の地方新聞などでは記事になっている可能性が高いのではないかと思います しかし、話はここで終わらない
これについては、水死体は少し前から行方不明になっていた少女のもので、遺族の気持ちを配慮して報道は自粛されたためだと説明されています。 上半身は水没していて、キュロットをはいた足が水面に出ていた。 番組は裁判の模様を放送したもので、最終的には財産没収と死刑(銃殺刑)を言い渡されます。 このコーナーで福岡県福岡市の中継地点として大濠公園に画面が切り替わった際、背景の池の方を見てリポートしていた女性リポーターが何かに気がつき突然悲鳴を上げたそうです。 そもそも、「 ズームイン!!」では放送事故寸前の映像が他出していた。 当時は、の景色が流れていたのだが、そこに水死体が映し出されてしまったのだ。 このズームイン朝の大濠公園での生放送中に水死体が映し出されるという放送事故があったのは1980年代の事だと言われていますが、水死体の身元や、事故死なのか殺人事件なのかなど、重要な情報は一切が不明で、他にも具体的な情報は一切なく真相は謎に包まれています。
59