司馬 遼太郎 おすすめ。 【厳選】司馬遼太郎のおすすめ本まとめ。戦国から時代小説まで幅広くご紹介|FLO

一遍で虜になった私は司馬作品を買い集め、読み漁りました。
数え上げれば切りがありません。 経営者ならずとも「さぁこれからだ!」と人生の希望に燃える若い人達に是非とも読んで貰いたい作品です。 NHK大河ドラマにもなった長編です。 引用元: まとめ 司馬遼太郎のおすすめ作品21冊をご紹介してきました。 幕末にはたくさんの剣術の流派がしのぎを削っていましたが、その中でもなぜ北辰一刀流が隆盛を極めていたのか、その理由がよくわかります。 読後爽快。 -説明・感想- 「姫若子 少女のような男の子 」と呼ばれた少年が、長じては「鬼若子」「土佐の出来人」と呼ばれるようになり、幼少時からは想像もつかないような鬼謀を発揮して土佐、やがては四国を統一していく一代記。 司馬遼太郎というと幕末のイメージを強く持っている方は多いのではないでしょうか。
91