よしな ま アーク。 よしな

35

『松竹梅』(1998年 - 2000年)• 第1回• クライアントに『この人に頼みたい』と思ってもらえる服装を自分で考えるべきだと思っています」とCEOの木下謙一さん。

第39回• (1961年、日活) - 久美 役• 広島を舞台にした『』の出演や、『』でに苦しむ主人公を演じたことをきっかけに、1986年からボランティアで原爆詩の朗読会をスタートさせている。

- にの原爆詩朗読会で「世の中から核兵器、原子力発電所がなくなってほしい」と訴えた。

1990年に出版された本において放送作家のは、「原爆は勿論、原発もいりません 吉永小百合」という署名を見て、ファンでよかったと嬉しく思ったと書いている。

しかも!ふだんは見えない(見せない)からこそ、財布選びでその人のセンスもわかるとか。

日本映画の衰退期と重なったこともあるが、岡田との結婚により役柄のイメージに合わず、結婚に反対する両親との仲違いも報道されたりもした。

郵便事業『年賀状』(2008年)• (1980年、) - 溝口薫 役• 後悔しています」と語っている。

あ、もちろんお泊まりに発展すれば言うことなし!ですけどね。

38