赤血球 基準 値。 血球のはたらき~3種の血球と検査について~

赤血球は、細胞内に含まれるヘモグロビンによって肺で受け取った酸素を体内に供給し、体内で発生した二酸化炭素を肺で放出するガス交換を行う。

では、どのように二酸化炭素が肺胞まで移動するかというと 二酸化炭素の大部分は赤血球内へと一度取り込まれます。

基準値は、年齢により異なる• 原因には、骨髄の造血細胞が異常増殖しておこる場合( 真性多血症)と、血をつくる量を調整するホルモンが異常分泌されておこる場合( 二次性多血症)があります。

白血球数とは• 白血球数が4,000未満の場合を白血球減少症といい、感染症にかかりやすくなる。

赤血球で見つけられる病名 【基準値以下】 貧血 【基準値以上】 多血症(赤血球増多症) 関連記事• 溶血とは赤血球が寿命(約120日)以前に壊れてしまうことで、それによっておこる貧血を総称して溶血性貧血といいます。

また、ビタミンB12を吸収するために重要な胃粘膜から分泌される内因子が、胃粘膜萎縮や胃がんなどによる胃全摘により欠乏することで起こります。

赤血球がガス交換をスムーズに行うためにはヘモグロビンというたんぱく質が必要です。

ゆっくりと貧血が進行している場合、私たちの身体はだんだん慣れていき自覚症状が乏しいことがあります。

73 5