川口 浩 探検 隊 シリーズ。 骨だけのピラニアが! 水曜スペシャル「川口浩探検隊シリーズ」

そしてラテ欄に躍る驚愕のタイトル。

53
さて、今回はかつてブラウン管の前の私たちにスリルと興奮をもたらした「水曜スペシャル『川口浩探検隊シリーズ』」全45回の秀逸な番組タイトルを分析してみます。 それに関連して当時の番組制作の方針が改めて蒸し返されるなど、残念なニュースもありました。 閉店時間(1962年 大映)生方誠• ただし美神は1993年版の「紹介」でナレーションで登場した。 読んでいるほうも書いてるほうも、そろそろ嫌になってきましたので、一気に話をエンディングまで持っていきましょう。 『』で共演中のも出演)。 川口が病魔に侵される数年前にはのう胞を患うなど病気がちだったという。 ジャンピングスネークは無毒の蛇だったのが幸いした。 むしろ、本物に見えることを楽しむべき対象のはずです。 ドラマ『』でと共演して以来、三浦と懇意にしており、一時期は一緒にバンドを組み、マネージャーを務めていた事もある。
4
もっともジャンピングスネークの牙は衣服を貫通するほど強力らしいので、どっちにしろヤラれちゃう運命ではあったんですけどね ある種、朝日放送『』の「芸能人常識チェック」「芸能人格付けチェック」めいた番組 [ ]
『朝日新聞 縮刷版』 朝日新聞社、1977年2月23日付テレビ欄 has-purple-background-color::before,. 前述のピラニアに噛まれるシーンを彷彿とさせる、オマージュシーンなどもふんだんに登場しますが、一切、笑いの要素は入れていません
「川口浩探検(険)シリーズ」と表示されるようになった のは後期からのようですが、本サイトでは一連の川口浩を隊長とする、水曜スペシャル取材班の取材活動(探検)を「探検シリーズ」として扱って います 『読売新聞 縮刷版』 読売新聞社、1980年10月1日ラジオ・テレビ欄
- 1980年10月1日放送
(秋を除く)までは春秋開催だったが、からは春のみに限定された でなければ、探検隊で初の殉職者を出しちゃうところでありましたが、もっともこの隊員の傷は注射するほどのものでもなかったんですけどね
51