ウォーリーを探せ 殺人鬼。 都市伝説・ウォーリーを探せの真実「殺人鬼」

35
184• Bloom, Clive, "Jack the Ripper — A Legacy in Pictures", in Werner, pp. ジムは過去にも 20人以上の子供を殺害した精神異常者で、 裁判では責任能力がないと 精神病院に収容されたのです 「 凶悪犯が野放しになっているなんてマズい!」 危機感を覚えた彼はすぐさま行動を起こした
まさか、楳図さんがウォーリーの都市伝説の秘密を握っているとか? そんな新しい都市伝説を追うのは止めて、 アニメ版ウォーリーでも見てみましょう 北米版第1作 Where's Waldo? "Ripperology, A Term Coined By. 容疑者の特定や追跡の上、さらに詳しく調べられたり、あるいは捜査対象から外されたりした
Whittington-Egan, Richard; Whittington-Egan, Molly 1992. 日本版での呼称は原著と同じ「ウォーリー」であるが、北米版は「Waldo」(ウォルド)、フランス版は「Charlie」(シャルリ)、ドイツ版は「Walter」(ワルター)など、他国版では呼称が変更されているものもある 共同プロデューサー - F・M・デ・マルコ、ジョン・テレジェン• 16—18; Woods and Baddeley, pp. 125• つまり、という楽しい絵本は、世界の子供たちに注意喚起をしている絵本ということらしい
「ピンチン・ストリートの胴体(トルソー)」(The Pinchin Street torso)と呼ばれる身元不明の女性遺体がピンチン・ストリートの鉄道橋の下で発見されたのは1889年9月10日のことであった そして彼は今でもまだ見つかっておらず、再度指名手配されているにもかかわらず足取りがつかめていないといいます… こういった経緯があって、注意喚起としてウォーリーをさがせという絵本がつくられたのです
ドーセット・ストリート(左中) この時期、イーストエンドでは女性に対する襲撃事件が多発していたため、どこまでの殺人事件が同一人物による犯行かはわからない 27—28; Evans and Rumbelow, pp. しかし実際に精神異常者に赤いボーダーの囚人服が着せられていたのかどうかは定かではなく、都市伝説として語るための設定では、という見解もあるみたいだ
233• という絵本をご存知でしょうか Macnaghten's notes quoted by Cook, p. ひょっとしたら監視人の子どもたちはジムに殺された子どもたちなのでしょうか? だとすればこれ以上犯行を重ねないように子どもたちが監視しているのかもしれません
45