2025 年 の 壁。 2025年の崖とは?わかりやすく解説―ITシステムの課題と経済産業省レポート

39
これらがすべて結びつき、DXを阻む要因となって目の前に立ちはだかっているのです。 これは外観や内装以前の問題ですよね。 その理由の1つは、これまで日本企業の多くがその存在を認識しながらも目を逸らしがちだったITモダナイゼーションの問題を明確に指摘し、既存システムの改革を進めなければ2025年以降年間最大12兆円の経済損失が生じる恐れがあると警告を発したことです[]。 また、人材の2025年問題というものもあります。 団塊の世代が高齢者になれば、長い間ITシステムを管理してきた人材が次々と現場を離れることになります。 自宅のインターネットで買い物をする「巣ごもり消費」という新しい消費の形や、在宅で仕事を行うテレワークという新しい働き方が定着するニューノーマル社会に対応するために、従来は(イーコマースでない)リアルの店で商売をしていた企業がイーコマースを行うようになり、テレワークではクラウドで仕事をするようになりました。 つまり世界のビジネスがスピーディにDXを進めるなか、日本はDXを推進するどころか、残存するシステムを守ることで手一杯になってしまうのです。 長い間企業の運営を支えてきたシステムの根幹を刷新するためには、数年の移行期間と何億にものぼる費用を計上することも珍しくありません。
53