オリーブ 剪定。 オリーブの正しい剪定方法と時期やコツ! 初心者が注意したいポイントとは?

雪がこんもりとオリーブに積もっている写真付きでした。

枝がバランスよく配置されるように剪定していきましょう。

オリーブの剪定は業者に依頼した方がいい理由 剪定自体は枝を切るだけなので、難しくはないですね。

果実は食用 ピクルス やオイルに利用されます。

しかし、オリーブは時期ごとに適切な剪定方法が変わることや、主幹を傷つけるのは勇気がいることなどから、自力で剪定するのは難しいかもしれません。

あんなに秋までは青々していて元気だったのに、今は白々しい元気のない色になっています…(復活できるのか??) うちのオリーブは2019年5月に30cmくらいの苗木をネットで購入しました。

まずはオリーブの剪定をおこなう前に、必要な道具や基本的な剪定手順を確認していきましょう。

4
木の大きさ・種類に合わせて長さを選ぶようにしましょう。 縦長のシンプルでスッキリとした印象にしたい場合は、上へ伸びる枝はほどほに、横に伸びる枝を中心に剪定するとよいでしょう。 またこの時期に麻紐などで誘引して角度を変え、理想の樹形に仕立てていくことも可能です。 ここではそれぞれの剪定方法と適した剪定時期をみていきましょう。 切口にはペンコゼブ水和剤600倍を散布する。 1本だけ植えてもなかなか自家受粉しにくいため実がつきにくいです。 しかし、初めての方にとっては、不安は大きいですよね。 成虫を発見したら、捕殺する。 丸まった葉や虫が穴を開けた果実を見つけたら、こまめに剪定、摘果し処分する。 しかし、 見栄えが悪い場合や枝同士がじゃまになり成長が厳しいと判断した場合は、どちらかを切り落とさなければなりません。