ゴールデン カムイ 236。 ゴールデンカムイ最新第237話水中息止め合戦ネタバレ含む感想と考察。第236話あらすじ。杉元対海賊の水中戦! その意外な結末。

杉元が船員2人を川へ投げ落としたところでしたが、改めて房太郎が白石に声を掛けます。 43
船には兵士がぞろぞろ… 続けて海賊房太郎は杉元に、金塊を見つけたら自分の幸せのために何をするのか、何か夢はないのか問います
杉元を間一髪のところで救ったのは、チョウザメの群れでした 杉本みたいな強い男は、もっと好きだぜ?俺の国の上級の家臣にしてやるぜ」 東南アジアの小さな島で王様になるんだという房太郎
それを聞いた白石は、ひとまず海賊房太郎と手を組むふりをして、情報を引き出そうと提案します すると「戸を塞いで他の者は身を低くしていなさい!」とあの激シブ郵便配達員さんが! 「俺が乗ってるこの船を選んじまったことに…奴らは地獄で後悔するだろうぜ」とこれまた激シブに銃を構えていました
房太郎が目指すのは自分の所有物としての「王国」 そして海賊は東南アジアの小さな島で王様になって、国を作りたいと言い放ったみたいです
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください 自分が王様になれば、だれも自分の家族を疎まない、子供心に思ったと
地獄の郵便配達人退場 野田サトル「ゴールデンカムイ」236話より引用 杉元に強烈な腹パンされた房太郎ですが、口からよだれを垂らしながらも堪え、今度は真剣な表情で銃を構えます 杉元の記憶の中で、 病床の父親は絶えず咳をしていた
やがて江別に着こうとしており、海賊は客室に入ると現金書留だけを取るだけだと言って移動すると、平太の忘れ形見が鞄の中にありました そういった性格というものはなかなか変えられないと分かっている上で、あえて強い言葉で言います
「家族のため」という動機は父親としてとても自然で前向きで、非の打ち所がない 「お前は優しい…」 そのせいで佐一がいつも損な役回りを引き受けていると分かっていました
48