銀河 鉄道 の 夜 あらすじ。 銀河鉄道の夜(宮沢賢治)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想

出典 : 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 冒頭では、のちに銀河鉄道で一緒に旅をするカムパネルラと、二人で銀河の世界を見ていたときのことが描かれています。 カムパネルラは悪口を言ったりはしませんが、ジョバンニは、カムパネルラが自分を「気の毒がって」いるように感じています。 また、第3次稿までは「銀河鉄道の旅はブルカニロ博士(後述)の実験により主人公が見た夢だった」という設定であるが、最終形に博士は登場しない。 カムパネルラの父 - スタッフ• 宇宙にもジョバンニと同じような人がいて、9つのエピソードが鉄道の各停車場で繰り広げられ、そこで働いたり、ヒューマンドラマを展開したりする。 カンパネルラが人 ザネリ のために犠牲になって死んだことに、最初は戸惑いがありましたが、旅の中で次第にそのことへの確信が持てるようになりました。 ジョバンニの同級生。 Aパートは現実、Bパートは夢、Cパートはふたたび現実です。 なお、漫画版ではズボンに靴まで履いていたのに対して、アニメ版では上着だけと衣服の着用は最低限度なものになっている。 物語中で学校の場面が描かれており、夏休み中ではないと想像されること、「カムパネルラ」がの学名( Campanula)と酷似していることに併せて天気輪の丘に釣鐘草らしき花が一面に咲いたこと、銀河鉄道の夜(プリオシン、南十字星、蠍の火、黒い胡桃林、鳥)を連想させる詩「薤露青(かいろせい)」に付された日付(1924年7月17日)、賢治の親友と行った旅行の時期などから、七月の旧盆の説が有力である。 ジョバンニは、銀河のお祭り(の)を見に行く、と言って家を出る。
25
「ぼくはすっかり天の野原に来た、この汽車、石炭をたいていないねぇ」とジョバンニが云います。 キリスト教 「銀河鉄道の夜」は明らかにキリスト教を意識して書かれています。 たとえば「七、北十字とプリオシン海岸」からちょくちょく出てくる「幸」というワードは、ジョバンニが慕う自分の母親の幸福を指し、その幸福のあり方がどんなものか、またどこにあるのかと、親友カムパネルラを連れて、その 「幸せの行方」を探す旅に出て行く。 回想シーンはほぼ原作通りに展開するが、ジョバンニやカムパネルラをはじめとする少年たちの年齢が高校生くらいに設定されている。 『銀河鉄道の夜』で描かれるのも、大切な人との永遠の別れです。 」 カムパネルラがぼんやり云いました。
一説にはこの親友との別れが、『銀河鉄道の夜』のラストシーンでおとずれる、ジョバンニとカンパネルラの別れにつながっているとも言われます 強引に説明するならば、おそらく初期設定では 人間の脳が「父なる神」、 視覚が「イエスキリスト(目で見える存在ですから)、 聴覚が「精霊」という意味だったのだろうと思います
現在私達がよく目にするものは最終稿と呼ばれる第四次稿です しかしジョバンニはそれに参加せず家にも帰らず活版所へ仕事へ
二人は三人を見送ると、目に涙を浮かべて語り合った カンパネルラと別れたジョバンニは、暗い丘の上で、ひとり涙を流しながら目覚めます
小さなピンセットで粟粒くらいの小さな活字を目を拭いながら拾います というより「銀河鉄道の夜」はそれくらい、後世に影響を与え続けている重要な作品なのです
こうするとジョバンニの成長のストーリーが見えてきます けれどもにわかにカムパネルラのお父さんがきっぱり言いました
17