最終 面接 結果 遅い。 最終面接の結果が遅い場合は不採用?通知までの期間と問い合わせ例

確かに応募者も早く連絡が欲しい気持ちがあっても、面接後すぐに不採用ですと言われたら悲しいし、きちんと選考したのか疑いの念が生じてしまいそうです。

実際、 企業からの合否連絡が遅れるケースはしょっちゅうありますし、 こればかりは、気を揉んでいても結果は変わりません。

もちろん、企業や採用状況によっても全く異なってきますので 一概には言えません。

逆に、あらゆることに対して具体的な事を聞かれなかった場合は、不採用の可能性が高くなるだろう。

対応を間違えると、炎上させられた挙げ句に、ブラック企業扱いされる危険性が高く、企業も細心の注意を払って接しているところが多い。

しかし選考や内定を辞退する学生というのも一定数います。

しかし、連絡が遅くなってしまう要因として上記のような企業側の事情があるのです。

結果を企業からくるまでは諦めない 企業から最終面接の結果の通知が来ないと不安になりますが、結果は企業から連絡が来るまでは諦めないようにしましょう。

最終面接の結果通知が遅い理由3.企業内のシステムに問題がある 採用を決定するのに、人事部に権限が無く、社内の稟議に時間がかかる、通常でも稟議に時間がかかるのに、社長が長期出張していて他に決裁権のある人がいない、内定通知書を発行するのに、すごく社内の手続きが面倒である。

最終面接の結果は総じて遅い傾向にあるため、連絡が遅くても諦めず、気長に待ちましょう。

72 7

「手応えもあり、結果は合格だった」というケース ・自分の頑張った話を興味がありそうに掘り起こしてくれて、「今までに見たことがない成績だ」と褒めてくれた。

そもそも、面接の結果連絡が遅れる理由とは、一体何なのでしょうか? その理由を見ていきましょう。

ですが、 連絡が早いからといって、必ずしも合格とは限りませんし、 反対に連絡がいつまでも来ないとしても、 不合格が 確定しているわけではありません。

私は酒の席で酔っていたこともあり「先に3人に断られちゃったんだよね」と暴露してしまったことがあります。

話し合ったように装い、2~3日後に不採用通知を出すだけです。

多くの企業の選考を受けていると、 合否の結果がすぐに来る企業となかなか来ない企業がありますし、 就活がうまくいってないと、連絡が来ないことに対して非常にストレスがたまりますよね。

80