アンソニー ホプキンス。 アンソニー・ホプキンス、アカデミー賞欠席の理由は「ベッドで就寝中だった」 (2021年4月27日)

1991• 画もとってもキレイで、いつまでも眺めていたくなってしまうほど。

79
そうして喪失したものを回復するというのが、お決まりの展開だった インタビューに対し「まだまだ引退する気はありません
英国 , 外国 1965• 若い頃はライターになりたくて、そんな中、偶然、舞台を見つけた 英国 , 外国 1963• ケア施設のスタッフや個室が、ことごとく彼の過去の記憶、それも彼が大切にしてきた記憶でもって、無意識のうちに上書きされていく
『羊たちの沈黙』でレクター博士を演じ、その後も、心理劇、心理サスペンスの主演を務めてきたアンソニー・ホプキンスだからこそ、たどりつくことのできた新境地だ 1994• アンソニー・ホプキンスの『羊たちの沈黙』から29年ぶり2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞したがついに公開
「夫はいないわ」という女性の返事とともにカメラが切り替わると、そこには娘アン(オリヴィア・コールマン)ではなく見知らぬ女性(オリヴィア・ウィリアムズ)がいた 今年のアカデミー賞主演男優賞が発表された時は、授賞式会場ではなくイギリスにいて、時差もあって熟睡していたというのだから、大御所の余裕たるやすさまじい
そのあまりの迫力に、女性は複雑な表情を見せるのだった… 「2人のローマ教皇」あらすじ 冒頭、現教皇の死去により次の教皇を決めるため世界の枢機卿がバチカンに集まり投票する儀式(コンクラーベ)が行われ、新教皇にベネディクト16世が選ばれます
さすがアンソニーだけあって、良い映画だったと思うのだけれど その後も続編である『』、『』で同じレクター役を演じている
記憶を失う恐怖や戸惑いを描いた映画としては、たとえば『メメント』のような作品が思い出される なぜなら、アンソニーが覚醒している状態で、確かに「現実の事件」が彼の目の前で起こっているのだが、しかし、彼の脳は、その目の前に生じている出来事を、彼の記憶や願望に基づき、無意識のうちに書き換えてしまっているからだ
28