ジェリド メサ。 ジェリド=ニュータイプ説

最終決戦でカミーユが使った「人の体を通して出る力」 彼の言葉を借りれば「宇宙を支える生命」が力を貸してくれ、Zガンダムはものすごい力を発揮しました。 扱いがいいのか悪いのかわからないな立ち位置である・・・。 Zガンダム第30話「ジェリド特攻」 俺のマウアーが、、、、 — Tramokei ひまわり騎士団 DMC所属 tramokei 意識が遠のきながらもマウアーの影に手を伸ばすジェリド。 以前、ガンダムページの掲示板で教わったのですが、富野監督は、一時期、Zガンダムについて 、「ジェリドというバカがいたことぐらいしか覚えてません」と言っていたそうです。 宇宙に再び上がってからはの護衛役に抜擢され、ハマーンとの会見場などに同席する。 ガブスレイに乗ってくる。 — モビルスーツbot GUNDAMms ティターンズの試作機で、ニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計された可変型モビルアーマーです。 この他、作品によってはに乗ってきたり、捨て身のを仕掛けることもある。 そして、マウアーの時のように、怒りを本気で爆発させるとカミーユすら圧倒するスキルを持つキャラなのではないでしょうか? それが、あの容貌と言葉遣いの悪さのために、いつも怒りを発散させている「バカ」なキャラという印象になってしまっているのではないでしょうか? ところが、実際は、カミーユなどより、よほどできた、良い青年なのではないでしょうか?(時たま、自分より弱そうな奴と見ると殴りかかる悪い癖がありますが・・おそらく力は加減しているはず・・?) こう考えてみて、初めて、なぜジェリドがカミーユのライバルなのかがわかります。 相手は子供だから力を加減しなきゃな・・・」と一言入っていれば、視聴者のジェリドへの視線も、ティターンズへの視線も、カミーユへの視線も変わったでしょう。
31
最終決戦の中で、ヘンケンの死を感じとったカミーユが絶叫し、無敵モードに突入 やがて、ティターンズそのものが、世界中のテロリストを支援している勢力に属していた事を明かし、そのまま主人公たちをで倒そうとする上、都市間の移動ルートを爆破して主人公たちの足を奪ってしまう
そんなマウアーがジェリドを庇い続けた理由がここで明らかになったということでしょうか? いずれにしても、ジェリドはマウアーのような女性に好意を抱いてもらえていたというのは幸せなことですね ・念願かなって、ティターンズトップのジャミトフに会えるようになる
出番が少なく目立たないが、顔グラフィックが可愛らしい 搭乗機体 [ ] ジャブロー攻防戦で搭乗していたが、そのシーンはなし
バイアランからバウンド・ドックへ乗り換えていくが、終盤に何故か性能の劣るガブスレイに乗り換え弱体化 名台詞 「女の名前なのに・・・なんだ男か」 全てのとなった一言
マウアーファラオの強化人間説の驚きの真相とは!? マウアー・ファラオは、ジャブロー内のニュータイプ研究所で訓練を受けていたという設定のようです 2021-05-29 05:16:43• と、マウアーの壮絶な最後でした
29