高島屋 横浜。 エシレ・パティスリー オ ブール<横浜>

当時としては珍しく、前年の1932年に完成した南海店(現:大阪店)と同様に全館冷暖房完備であった。

秋に着工し、秋に開業する計画であったが、10月に全面開業を一年先送りし、秋に変更すると発表した。

7月15日、 南海店開店。

藤沢店(神奈川県) 1950年代から「髙島屋ストア」を出店しており、北口再開発事業で建設される「北口再開発ビル」に、横浜髙島屋の支店として入居することが内定していたが、隣地で営業していたと先行進出していた地方百貨店3社の猛反対に遭ったことで出店を断念した。

東蔵前丁3-6 ビル(南海和歌山ビルディング)内。

9月 - 株式会社米子髙島屋の新会社を設立し分社化。

11月23日、「京都髙島屋飯田新七東京店」京橋区西紺屋町に開店。

株式会社岡山髙島屋が運営。

3
2月1日、横浜店近くの横浜商品管理センター(旧社宅)跡地を売却し、イベントホール「横浜駅西口タカシマヤローズホール」を開設 横浜店の分店で、婦人服・婦人雑貨・化粧品販売を主体とする店舗
包装紙などに使われているシンボルフラワーのバラの品種は、(昭和55年)からが使用されていたが、(平成19年)4月19日からに切り替えられた また、2駅隣の前に、があり、1981年にはも開業して競争が激化
2020年2月16日、閉店 2015年6月12日、同施設の名称を「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」に変更
現在は相模鉄道の完全子会社 9月 - 株式会社横浜髙島屋(横浜店・玉川店・港南台店)、 株式会社岐阜髙島屋、 株式会社泉北髙島屋、 株式会社岡山髙島屋(岡山店・津山店)、 株式会社米子髙島屋の5社を吸収合併
<米澤紀伊國屋>人気の米沢牛を使った贅沢なコロッケとメンチカツを販売 2004年、再分社化
58