アマミ ノコギリクワガタ。 26. クワガタムシ科

体色は明るいオレンジから黒色 ) 幼虫は、1匹ずつ マットボトル850ccに入れて4ヶ月に1回の交換で育てる方法が手軽です
成虫は、5から8月に掛けてアカメガシワ、シイ、タブ、柑橘系の樹液に夜間に集まります 天然個体からでは、体色にバラつきがあった
次にマットを準備します 国内に生息している本種は以下の7亜種に分けられている
全身の点刻状の顆粒肌が非常に粗く、上翅には明瞭な縦筋が複数あります マットを入れる容器も 800~1100cc程度もあれば十分
(2001.6.6 静岡県産). 日本のクワガタではありますが、気候の暖かい南西諸島の虫ですので、夏場の高温と冬場の極度の低温には念のために注意が必要しておいた方が良いでしょう 高温下での飼育の場合、8ヶ月前後で蛹化または羽化する事があります
) 休眠時はケースにマットを厚く入れ、温度変化の激しくない場所に保管する 体色は黒色から暗赤褐色 メスの上翅にはアマミノコギリクワガタ同様の隆条がある P. メスは、腹部(上翅)の丸みが強く、胸部(前胸)の盛り上がりが若干強いです
菌糸(Basicでもelementでも可)でもOK 広葉樹の樹液などをとしていて、、、などに集まる
68
一方、飼育下で羽化させたペアを用いる場合は、活動個体(後食済み)を交配させる必要があります 血が濃くならないようにする
上の画像の様にオスとメスを別々の容器に分けて飼育していただく事をお勧めします 羽化してから活動を開始していない個体(未活動、未後食)のみ真冬は、無加温(低温)で越冬が可能です
よく似たトクノシマノコギリと異なり、体色は黒のみが基本です 採集後に2年以上も生きた例が何度も存在するので最も寿命が長いノコギリクワガタだと思われます
大きく育てるには、適切な温度管理、終齢で菌糸ビンを避ける、エサの十分な温度慣し、飼育ルームの空気循環、エサ交換頻度を落とす、終齢時の夏季のエサ交換を避ける、などの工夫が必要です など進化の過程で色々なバージョンになるように仕組まれているのでしょうか? など考えながらセットしました
5-40mm 体色は黒色で、まれに赤褐色が現れる 基本的には日本本土に分布するノコギリクワガタと似ている メスの上翅にはスジブトヒラタクワガタような隆条がある(収斂現象) P. 解説 全国に普通に見られるノコギリクワガタ オスの頭部と胸部の顆粒肌(点刻)は、きめ細かく上翅の光沢が強いです
菌糸ビン飼育には向いていなく、湿気が少ないと羽化不全や最悪の場合死亡してしまうので、使う場合はヒラタ向けの湿度の高いものであれば飼育は可能と思われる 大きなオスの終齢幼虫は、22から24グラム前後に育ちます
こちらの個体は、2017年6月に入荷した天然のメスから産まれた幼虫を育てて羽化させました オスは体格によって大アゴの形状が大きく異なり、大型個体では大きく屈曲し、中型個体では、先に向かって強い湾曲となり、小型個体では短く直線的なノコギリ状となり、ノコギリクワガタと類似しているが、亜種によっては大型個体でも屈曲はせずに、緩やかに湾曲する
推奨産卵温度は22から28度です 次にヒラタクワガタ、コクワガタ かなと思います
トカラ列島では採集が禁止されている P. 発送中の大アゴ(キバ)欠損事故防止の為の大型PPカップ(衝撃で破損しない材質)に敷材マットを敷き、エサのゼリーと里山の自然の葉っぱを添えてお届けします 第1内歯と第2内歯の間がより離れる
銘柄はきのこの山WISH-Kの1100cc Kurosawa, 1976; Psalidoremus pseudodissimilis Kurosawa, 1976 35 Rhaetulus recticornis Y. オスの大アゴは太さと大きさを兼ね備えており、高低差がある湾曲をしながら中心付近で大きな弧を描く様に張り出します
21
余談ですが天然個体に限り、全身もしくは、体の一部の色素が黄土色化した個体が発生します。 材に気に入らなればマットにも産んでくれますので・・・。 材を水に浸します。 1本目は菌床とマットに分けて様子見かな。 次に材の皮を剥きます。 アマミノコギリクワガタ 学名: Prosopocoilus dissimilis dissimilis 国産のノコギリクワガタとしては最も大きいアマミノコギリ。 飼育温度が高いと羽化して1から3ヶ月以内に活動する事もあるので休眠させたい場合、夏秋はエアコンや冷温庫を用いるなど20度以下の低温飼育をお勧めします。
62