単身 赴任 住民 票。 単身赴任社員の住民票の異動について

住民票を移すことについてのデメリットとして、次のようなことがあります また、更新通知のハガキも住民票を基準にして届けられます
つまり、2017年1月1日から12月31日の収入に課税される住民税は、2018年6月から2019年5月にかけて支払います 納税地が赴任先に変わります! ただし、すぐに変わるわけではないんですねー
扶養手当は、法律で定められた手当ではない 年末調整時に記入した住所の自治体に納付する事になるので、住民票の場所は深く考える必要はありません
反対に、拠点が赴任先に転じる場合、住民票を異動させたほうが無難でしょう 配偶者のみは「配偶者手当」と名称がかわるようです
こちらは準備しておきましょう 正当な理由があれば、住民票を移さなくてもOK ただし、 正当な理由があれば、住民票を移さなくても構いません
こういった場合は心配する必要はありませんが、少しでもお金を節約したい しかし上記に当てはまらず、もう実家に戻る予定がない場合は住民票を異動させなければいけないでしょう
条件となるのは、 「生計を一にする」になります 生活の拠点が変わらない場合 例えば• メモの準備は万端です
54