ローカル 路線 バス 乗り継ぎ の 旅 13。 ローカル路線バス乗り継ぎの旅Classic(BSテレ東)の番組情報ページ

今後この対決旅がレギュラー放送になるかは未知数ですが、蛭子さんが引退した今、太川さんのパートナーとして川崎麻世さんが上手く機能するかが注目されています 一行は松井田~横川間の上り坂を6km歩き、さらに追分入口から3. ナレーションのキートン山田さんが 「えびすファンにたまらない光景」と言いましたが、「そんな人いるのかよっ!」と思わずツッコミを入れたくなりました
人食べ物をシェアするのが嫌い• なお、以下はネタバレ100パーセントです そのため、これまでにない最終アプローチとなりました
同道路は中部縦貫道の一部とされますが、番組では特に触れられませんでした 伊香保温泉~草津温泉間は、「上州ゆめぐり号」という新宿発のバスですが、この区間は高速道路を通らず、運賃も設定されているため、路線バスとして利用が可能とみられます
仮に寄居へ向かっていたら、どうなっていたでしょうか 最初に越後湯沢方面ですが、上越国境に路線バスはなく、徒歩で抜けるのは困難です
田中要次と羽田圭介のコンビが、路線バスだけを乗り継いで旅をする番組です 第18位 第16弾 館山〜会津若松 マドンナ:ちはる 視聴率:13. ただ、一行は熊谷駅で太田行きのバス運転手に確認して伊勢崎方面への情報が得られず、案内所で情報収集した結果として深谷に向かったため、やむを得ない展開だったでしょう
太川蛭子コンビを見るたびに今の田中羽田コンビ がなんか面白くないなあという印象が強まってし まいます ルートだけでなく、撮影交渉も自分たちで行う• 仮にこの時間も惜しんで歩いていたら、どうなっていたでしょうか
放送終了後には毎回「正解ルートはどれだったのか」、「やらせではないのか」などと 話題になるなど、旅好きだけでなく、バスや地理好きの人などにも人気を博しました 第3位 第21弾 紀伊半島ぐるり!大阪 堺〜三重 鳥羽 マドンナ:高橋ひとみ 視聴率:9. つまり、前半の北関東エリアでもたついたらゴールは不可能になっていたわけで、「平易」とまではいえなさそうです
今回のマドンナは東ちづるです 蛭子さんと共通点が多いことからエビ子と名づけられたさとう珠緒さんの人の良さが出てる回
第10位 第13弾 東京〜新潟 マドンナ:田中律子 視聴率:13. 番組内で、「 今回ゴール達成できなければ田中要次さんと羽田圭介さんはクビ!」という告知がされており、プレッシャーの中、バス旅に挑むことになりました したがって、やむを得なかった面はあるでしょう
51

ちなみに、 スタート地点に太川さんの叔母さんが登場されるので、太川陽介ファンには必見の回です。

一日数本のバスを逃す寸前だと知った時の遠藤久美子さんと蛭子さんのリアクションの違いが面白ポイントでした。

一方で、ゴールがほぼ不可能な第11弾(別府~阿蘇)のような無理難題ではなく、甲子トンネルを抜けた第9弾(南房総~大内宿)のような強い脚力を求める設定でもありませんでした。

蛭子さんと川上麻衣子さんがスケジュールを変えてまでも行きたい所に行く中、太川さんはゴール優先で質素なことを要求します。

逆に言うと蛭子さんを楽しめる人は『ローカル路線バスの旅』を楽しめます。

6kmを約40分で歩ききれば、2日目に上田駅、3日目に富山駅まで到達することが時刻表上は可能です。

一躍人気コンテンツとなり、太川陽介さんは再ブレイクでテレビに引っ張りだこ。

観光やグルメ要素はほぼ皆無で、ひたすらゴールだけを目指していく旅。

蛭子さんの生態 『ローカル路線バスの旅』の最大の魅力の一つが蛭子さんの人間性。

67