お 題目 意味。 題目とはなんですか?題目の意味

常に三千遍あげれば それだけ生命力が豊かになり、それ自体が行力になって来る。

ですから、ひとたび、題目を唱えれば、そのすべてが呼び起こされ、味方となっていくんです。
株式会社HOWL ライター・ディレクター• 勉強に、野球に 中でも自我偈は、寿量品の要約であり、法華経二十八品の魂であり、仏法の真髄です
盲信者ってそんなもんです なお、筆者の唱題表はエクセルで作った一升千遍の四角いものです
自分が悟った道を、だれもが歩めるようにした 釈尊は方便品後半で、仏が出現した目的は、衆生の中にある仏の智慧(仏知見)を「開き」「示し」「悟らせ」「入らしめる」ためであると説いている
そしてまた、何かあった時の一万遍は、題目の前と後では全然違う腹の据わった自分がいることに気づかされるのです ところが日蓮宗の一派である「 日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)」では、 ではなく、日蓮が本仏だと主張しています
太陽や星が運行していく究極の力でもあります しかし、なぜ祈りが叶うのでしょうか
「毎日の生活が即人生」となる 」と言われています
その全ての仏さまに感謝し、手を合わせるのが、お題目=「南無妙法蓮華経」の世界です それが 「 今末法に入りぬれば余経ももせんなし、但なるべし」 です
生命がきれいになって来るのだ ともかく、この半年間が勝負だ

その祈りが、必ず、力を与えてくれる。

そのような、自主的に信仰の権利を遂行していける信心。

そして、今の筆者自身、やはり、題目が少ないな、と感じている時は『数』ということにも意識はしています・・。

また、御本尊を現された日蓮大聖人を「末法の御本仏」と仰ぎ報恩感謝申し上げ、大聖人直結の信心を誓います。

(『法華経 方便品・寿量品講義』下(P. もう、これだけお題目をあげたからいい・・という生命を克服していく。

59