溶連菌 大人 頭痛。 大人の溶連菌の恐ろしさ!その原因と症状、治療法!

溶連菌感染症の合併症にはいくつかの種類がありますが、頭痛や吐き気が出るものにはリウマチ熱や急性糸球体腎炎などが挙げられます。
溶連菌は、薬をやめた途端にまた増殖を始めます このため、風邪薬などで対処すると、大人の症状は隠れてしまうことがあります
しかし、 大人の溶連菌は重篤化することが稀にあります また、溶連菌の感染を確認し抗生剤を飲み始めても、抗生剤を飲みきらないうちに症状が緩和してくるので、自己判断で薬の服用を途中でやめてしまう方も多いようです
また、後ほど詳しくご紹介しますが、合併症にかかっていないかを確認するために、病気になってから一定期間で何回か尿検査をすることを勧められる場合があります 完治までの期間 症状がおさまり、楽になるのは一般に 2~7日間程度で楽になってくるといわれています
子供が罹患して看病する場合は マスクを必ず着用し、接触後は消毒剤を用いた手洗いを忘れないで下さい ただし 発疹が出ている場合は体を温めるとかゆみが増すので、ぬるめのお湯に浸かりましょう
同時に口角も荒れます しかし治療の上で、抗生物質を服用して下痢になることがあります
が、一般的に考えられているよりもずっと多くの溶連菌が見逃されていることを、日本内科学会、日本感染症学会などで報告し警鐘を鳴らしてきました 大人の溶連菌は放置しても治る、抗生物質をむやみに使用するのは良くないと言う考え方もあるようですが、重症化した症例を見ると、決して侮れない感染症だと思います
当院では精度の高い、その分、値段も高い米国製のキットを使用しています それは自然治癒の場合だと 他の人に感染させてしまう期間も伸びてしまうということです
特に11月~2月の冬の期間はインフルエンザとの判断が難しい季節になります 入浴に関しては、 熱が下がれば入浴しても差し支えありません
溶連菌についてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね 溶連菌感染症は以前には子供だけの疾患と思われていましたが、当院の学会発表や論文によって、大人も数多く罹患することが認知されてきました
71 73