稲垣 潤一。 稲垣潤一 Official Site

62
(平成18年)には声優・のデビューシングル「フラグメンツ・ブルー」の作曲を担当した 1983年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞(「SHYLIGHTS」) 1986年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞(「REALISTIC」) 1987年 日本作曲大賞 大賞受賞(「思い出のビーチクラブ」) 1993年 日本ゴールドディスク大賞(「クリスマスキャロルの頃には」) 2009年 日本レコード大賞 企画賞受賞(「男と女」「男と女2」) 2011年 第1回東北グッドエイジャー賞 受賞 2019• デビュー35周年、さまざまな記念ライブやコンサートが開かれる中、プライベートでは中学時代に友人たちと組んだバンドを再び結成
STARTING OVER Remix Version 06. リンダ Duet with NORA(オリジナル歌唱:アン・ルイス) 06. シルキーヴォイスで、作曲家としてぜひ曲を書きたいと思う方」と紹介した 「じっと」でユーミンが存在感のあるコーラスをかぶせているのも聴き逃せない
『闇を叩く』 2015年、(上記を加筆・修正) 参加作品 [ ]• おそらく禁酒禁煙やマスク常用、規則正しい生活習慣や声をあまり出さないといった陰の努力を2人共しているのでしょう・・・ しかし何故、今回のようなヒット曲を選曲しなかったのでしょうか・・・? 1982年のデビューからの一連のヒット曲の連発は、殆どの曲が他人の作詞作曲によるもので、何年か前から女性ボーカリスト(小柳ゆき、辛島美登里、相川七瀬、松浦 亜弥 らとの一連のカバー曲を歌うのに飽きたのかも・・・? もう65歳なので他人の曲を歌うより、もうこれからは悔いのないように以前からヤリたかった自作の曲を中心にヤッテ行こう・・・てな事を勝手に想像していますが(笑)
ふたつ例に挙げてみよう 抱きしめたい」、「君は知らない」、「優しさが瞳にしみる」、「MOONLIGHT MERMAID」が収録されていた 4 リミックス盤 クリストファー・クロスとの共同プロデュース
1ダースの言い訳 『ある恋の物語 My Standard Collection Special Edition』 限定盤) 2012. 米軍キャンプやビアガーデン、ディスコ、さまざまな場所で演奏するが、客の目的は酒やホステスであり、バンドはあくまでBGM YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW/誓い 04. 稲垣潤一 稲垣潤一 JUNICHI INAGAKI 1953年7月9日生まれ、仙台市出身
8 優しさが瞳にしみる 30位 横浜ゴム「インテック」CMソング 9 single version 愛は腕の中で 21位 横浜ゴム「インテック」CMソング 10 20位 「SANYO CDミニコン WO5」CMソング(「1ダースの言い訳」) 三洋電機「SANYO おしゃれなテレコ U4CD」CMソング(「April」) 11 single mix TRACES 30位 「ジンジャーエール」CMソング 12 single version MOONLIGHT MERMAID 23位 映画『』主題歌 13 Oh Darling 24位 春の沖縄キャンペーンイメージソング 14 September Kiss 76位 テレビCFイメージソング 15 Misty Blue 14位 春のキャンペーンイメージソング 16 29位 「サムタイム・ライト(ペイント編)」CMソング(「君は知らない」) 系「」エンディングテーマ(「君に逢いたい午後」) 17 愛のかたち 25位 JT「サムタイム・ライト(ボウリング編)」CMソング 18 YES, SHE CAN 29位 テンポラリーセンターCFソング YES SHE CAN 19 30位 「明治ブリック」CMソング(「心からオネスティー」) 20 Get Back To Myself single mix 10位 CMソング 21 38位 系「ホントに本当なの! 「なぜ、ギターやベースではなく、ドラムを選んだのか?」「ドラムをたたきながら歌うのは、大変では?」さまざまな質問をぶつける森下に対し、稲垣は実際にドラムをたたきながら、現在のスタイルがどのように誕生したのか、を語っていく 異色の一曲「オーシャン・ブルー」詞曲:松任谷由実、編曲:松任谷正隆 稲垣潤一さんのヴォーカルが、松任谷由実さんの詞と曲、松任谷正隆さんのアレンジで満たされた深い深い海のなかで、たゆたゆとゆらめく「オーシャン・ブルー」
期待に胸膨らませ、ルンルン気分で行ったのでした・・・ ところが、これは全く個人的な感想ですが、期待に反してライブは残念ながら少し物足りませんでした・・・(涙) 榴ヶ岡駅にある商店街で洋品店を営んでいた両親は、大の洋楽好き
83