セシア アウェア プリモ。 セシア・アウェア・プリモ(機動戦士ガンダム EXTREME VS. MAXI BOOST)

。 終盤には再びレオス達の前に現れ、プリモにウイルスを仕込んだ事を明かし、その起爆スイッチを渡しながらトリムの行く先を伝えた。 に対抗すべくGストリームをベースに開発されたエクストリームガンダムtype-アル・アダとも言うべき機体で、アル・アダ本人が技術提供及び製作指揮を、ロウ・ギュールが実務作業を行った。 体重:---kg• レオスを難なく倒すが、別の世界で彼が手に入れた力(大剣を使用した劾の戦い方)に興味を持ち、他の世界を回って力を付けた後、再度自分と戦うよう言い残し無傷で帰した。 旅先の世界で名立たるパイロット達との戦闘を重ねる内に、彼らから戦い方を学びながら腕を磨いていく。 世界(宇宙世紀の世界)とは別に、『』を元にした世界も存在する。 『』『』に続いてストーリーは、作画はが担当。 エクストリームガンダム ミスティック・フェイズ• しかしプリモが突然レオス達を裏切り、トリムと行動を共にするばかりでなく、一部の GAデータの重要人物がトリムの考えに賛同して協力する事態になってしまう。 世界の人物 [ ] の世界の人物。
計画が狂った事で、レオスを救うべくオリジナルのセシアを助ける方針に変更し、ピーニャや他のダークセシア達と協力してセシアを進化させ、レオスも救った 圧倒的クマ
マーキュリーIII(マーキュリー・スリー) アル・アダがセシアの肉体が入ったカプセルに仕掛けた細工で、サターンIIから行き着いたステーション ジュピターカラーのホロアクター衣裳を騎士礼服のようにカスタムしている
イクスに解体された時の記憶から彼に強い恨みを持っているが、イクスによって再構成された時の記憶はなく、イクスが既に消滅している事も当初は知らなかった 所属:• リフェイザー・カルネージのパイロットで、マーズIに所属するダークセシアの一人
メンバーは「マスター」、「ドール」、「コメット」、「バロン」の4名 ヒイロを「星の王子様」と呼んで執着を見せており、たびたび対戦している
エクストリームガンダム リフェイザー・カルネージ• ダークセシアの中で一番幼い容姿をしており、無邪気で舌っ足らずで性格も子供っぽい セシア・アウェア・セスト• レドームや眼鏡型のゴーグルを追加した索敵仕様であり、ケルディムガンダムサーガをモチーフとした、アサルトライフルやサブマシンガンといった近~中距離用の装備を使用する