艦これss提督死亡。 妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。

基本脊髄反射でSS書いていますが、どういう電波が来たのやら。

そろそろ終わりにしましょう」• 姫はほとんど倒せず、鬼も半分残して逃がすか……ここまでか……」 提督「すまん遅れた! 長門、今すぐ抜錨しろ。

メタ情報• 新米から始めましたからね…覚えてないですね」 提督「…でも、普段の態度見てると心から嫌悪されてる気しかしないんですが」 元帥「近すぎると気が付かないこともあるよ。

元帥「いやさ、長い間付き合い続けて、未だに罵詈雑言は酷いと思うんだよ…」 提督「まぁ、彼女らには命かけて貰ってますからね…ストレスの捌け口が私に向けられているだけですよ」 提督「これがもし仲間へ向けられようなら色々支障が出ますしね…」 元帥「うーん、上司の鏡だよ君は…だが私は納得できない」 元帥「提督君が居なくなる現実に直面して気が付くことも多いだろう。

」 連装砲ちゃん「キュー…」 島風「な、んで…あは、あはははは…」ポロッ 島風「私…のせいだよね…私…普段から提督に速く速くって言ってきたのに…」ポロポロ 島風「こんな事…速くちゃ…ダメ…」ボロボロ 島風「うわあああん! 提督が死んだという噂を流して相手の出方を見る、というのはいかがでしょうか」 提督「それは……良いのか?」 大淀「混乱による誤報であれば、叱責程度で済むかと」 提督「それを受けるのは俺だろう……まあ、いいさ。

」ダキッ ポロポロ 提督「…」ナデナデ 島風「わらひ…てーとくを…ヒクッ…殺し、殺しちゃったと思ってぇ…! 当たり前でしょう」 提督「お前…」 明石「ああ…どんどん憲兵さんが減って行く…」 提督「胃が痛い…」キリキリ 青葉「じゃ! またボクを頼ってよ。

すみませんでした」 色々言いたい事はあるが電話代が勿体無いので我慢する 早く終わらせないと 元帥「どうだ?鎮守府生活は慣れてきたか?」 1日で慣れるわけないだろ・・・ 提督「元帥さっさと言ってくれないか?電話代が勿体無いので」 元帥「貴様質問をしているのだ黙って答えろ!貴様には報告義務がある」 なら電話くらい支給しろっての! 提督「・・・なんとかやっています。

68
提督君になついてない訳ないよ。 確かに僕にとって、彼の存在は無くてはならないモノだったけれど、こんなにも大きいモノだったなんて思いもよらなかった。 もしかしたらその時に……」 妖精「確信犯じゃねーか。 仲直りして明日からは普通に接するとしよう、また疲れる日々が始まるがしょうがない」 提督「そういえば時雨が秘書艦がどうとか言ってたな・・・」 提督「・・・・・・」 提督「まあいい、とりあえずは書類を終わらせてから「・・・」ジ- 提督「!?」クルッ シ-ン. 思い出せば思い出す程、彼に会いたい気持ちが溢れてしまう。 それより提督、何人もの艦娘からいろいろな問い合わせが来ていますよ」 提督「……中身は」 大淀「生きていて良かった、という娘もいれば、怒り心頭の子もいますね。 提督「ふーむ、今日の食堂は混んでるなあ」テクテク 提督「(面倒なやつらに絡まれたくないからな・・・さっさと定食を頼んで執務室で食べるとするか・・・)」 提督「むむむ!今日の定食は秋刀魚の塩焼きか!俺の大好物じゃないか!」パァァァ 提督「うん?なになに・・・数量限定により残り僅か・・・」 提督「まずい・・・!早く頼まないと!」サッ ダダダダダダ 足柄「!」 足柄「あらー、提督じゃない。 70 ID:ymAQoNL70 今更あれで凄く言いにくいんだけど……艦娘って何人いてどんな話し方なのか殆ど分からないんだけど、口調とか違ったら気にする? 一応調べてから書くつもりだけど ・・; ついでに最初のレスで書けなかったから全部書く。 139• 通常であれば当然の判断だっただろう。 だがそれは嘘。 なぜ、司令棟を全員で探さないのですか? い、今すぐに、早く探さないと!」 鳳翔(涙はとっくに流した後……それはみなさん同じですね) 鳳翔「ええ、ですから半分の人員をあてがいます。
98