福岡 市 地下鉄。 福岡市地下鉄|地下鉄車両ガイド|日本地下鉄協会

七隈線には「薬院~博多駅」「天神南~中洲川端~ウォーターフロント」の2ルートが延伸候補として存在していましたが、天神南~博多駅間に路線ができたことで、残り2ルートは線形的に現実的でなくなりました。

天神南から国体道路を進み、祇園町西交差点ではかた駅前通りに入ります。

3月25日:女性運転士2人に運転士の辞令が交付され、当局初の女性運転士が誕生。

ただし、定期券や他社線との連絡乗車券の場合は地下鉄線内の乗車区間が1駅間であっても割引対象外だった。

その他、ICカードに統一という理由で、「よかネットカード」、1回乗車毎20円引きの「ワイワイカード」および、高割引「えふカード」が順次廃止された。

3月31日:「ワイワイカード」の発売を終了。

:馬出九大病院前 - 箱崎九大前間延伸開業。

ATO(自動運転)によるワンマン運転を行っており、1982年には鉄道友の会よりローレル賞を受賞した。

このうち3番目の計画が採用され、天神南駅から博多駅までの区間の鉄道事業許可を取得 、工事着手されている。

14
2013年まで利用できた「えふカード」や、2011年まで利用できた「よかネットカード」も100円、2011年まで利用できた「ワイワイカード」の場合は一律正規運賃より20円引きされ80円となっていた Visaのタッチ決済対応カードおよびVisaカード登録可能なNFC対応スマートフォン等での購入・Visaのタッチ決済による乗車により、新たなきっぷ販売と利用モデルの実現• 空港線は2004年、箱崎線は2005年末に全駅設置完了、七隈線は2005年の開業時から全駅設置)
2010年度 - 127,136• 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります 連絡運輸 [ ] 福岡市高速鉄道連絡運輸規程 に基づき、(JR九州)及び(西鉄)の間で以下の(相互連絡運輸)が設定されている
経営状況 [ ] 「」も参照 福岡市の地下鉄は年間148,202千人(1日当たり406,035人)(2014年度:365日)が利用している 経由で福岡市地下鉄全駅とJR( - 間)・(全線)・(全線)・(全線)・( - 間)各駅の間を乗降する場合(定期券に限る)• 地下鉄開業前の福岡市においては、市内のバス事業や市内中心部を走る路面電車事業は市営ではなく、純民間企業である(西鉄)が運営していた
薬院駅を接続駅とした定期券で天神乗り換えは不可 そのため、交通局は地下鉄建設に伴い、初めて(開業前は 福岡市高速鉄道建設局として)発足した組織である
天神管区駅 - 西新駅から天神駅• 「 」 17号 2003年7月発行• 2012年6月に鉄道事業許可を取得して、2013年12月に着工しています (昭和48年):福岡市議会において、市が高速交通事業を行なうことを議決
福岡市営地下鉄七隈線延伸の今後の見通し 七隈線の博多駅延伸は、2020年度の開業予定として進められてきました 関連経費を15億~20億円と見込んでおり、予算案を5月の臨時議会に提案する予定だ
七隈線延伸事業 全市的な交通課題や環境問題に対応するとともに、都心部の回遊性の向上やまちづくりの促進など、都市の魅力の向上を図るため、2020年度の開業を目指し、天神南~博多間(建設キロ:約1. 営業中の路線 色 記号 路線番号 路線名 区間 〔 内は駅番号〕 キロ程 オレンジ K 1号線 K01 - K09 - K13 13. 0km)の建設をはじめ、2005年2月に開業を迎えた 2005年2月3日に、天神南~橋本間が開業しました
経由で福岡市地下鉄全駅とJR( - 間)・(唐津駅 - 間)各駅の間を乗降する場合(往復乗車券を除く)• 黒字を確保したのは2003年度から2期連続のことであるが、七隈線が開通した2005年度以降再び となっている :1号線 博多 - 福岡空港間免許
2021年1月31日閲覧 駅舎デザイン/七隈線では、自然光を採りこむデザインや吹き抜け、照明に工夫をしている(写真は桜坂駅)
51 39