元 宮内庁 職員 の つぶやき。 元上司の尻を蹴る 宮内庁職員を処分|テレ朝news

先の皇嗣職は次のように注文を付ける。

それを宮内庁も国民も望んでいます。

「そもそも眞子様も佳子様もICUに行かれて学生生活を楽しんだ。

それ以降、小室さん側から解決金支払いの提案があったり、元婚約者の反論があったり、佳代さんの長期入院情報が出るなど、状況が二転三転するような日々が続いた。

しかし、そんなことはKN庁も先刻ご承知のことだろう。

自己紹介・本サイトについて 当サイトをご覧いただきありがとうございます。

そのような思いを広く国民に知っていただく願います。

「8月上旬に小室さんの代理人と、佳代さんの元婚約者・X氏とその代理人が初めて3人で面会をしました。

それが何故出来ない? しないから国民は怪しみ反対しているのです。

「今の状況で女性皇族が結婚されれば、女性宮家の議論が盛り上がるのは必至ですが、 女性宮家に否定的な安倍政権は、天皇陛下退位が終わってからゆっくり議論していこうというスタンスです。

7
「小室母子はより積極的に動く必要があります。 具体的にどう仰ったかは定かではありませんが、悠仁さまは将来の天皇陛下になられる方で、その悠仁さまの姉君にあたる眞子さまに『自覚』を促されたということではないでしょうか。 皇嗣家では、父娘が意思疎通を図れなかった時期もあった。 しかし、実際に秋篠宮さまが、眞子さまから文書の存在を知らされたのは公開の少し前くらいでじっくり吟味する余裕がなかったということでした。 頬っぺたを叩いても気付かせることが本当に必要と思います。 責任逃れに汲々とするKN庁、当事者意識の薄いAKS宮、責任を全てKN庁担当者に押し付けるKK妃、自分の事しか考えないMK内親王とKM一家。 眞子さまの結婚を祝える日が来ることを祈りたい。 また、金銭トラブルについては、元婚約者のAさんが 『交渉を打ち切ります。 雲隠れを続ける小室圭さんにとっては、眞子さまへの愛を試されている場面と言えるかもしれません。 マイナンバーカードを持ち歩いて紛失するのが嫌で、自宅に保管していたということです。
8