天海 大僧正。 [ 明知光秀は天海大僧正?を霊視 ]

寛永20年(1643)10月2日、東叡山寛永寺にて入寂され、それから5年後、朝廷から「慈眼大師」の諡号を賜い、朝廷から賜る大師号としては史上最後、日本で7番目の大師様となりました。

他サイトご利用の際にはご留意願います。

112• 家康死後には神号を巡り、らと争う。

天海が作製させた膨大な木製活字(天海版木活字)は26万個以上が現存している。

喜多院(きたいん)は川越藩主となった老中・酒井忠利からの寄進を受けて再興されました。

江戸城の位置は、寛永寺・神田神社と増上寺を結ぶ直線と、浅草寺と日枝神社を結ぶ直線とが交差する地点にあったとされ、天海が鬼門・裏鬼門の鎮護を非常に重視していたことがうかがわれるとされる。

28