岡山 地震。 岡山県の過去に発生した地震の歴史【震度5以上】

お知らせ• 津波評価等• FM倉敷が開発した災害用「全国初・緊急告知ラジオ」 震災後の情報は、命に関わる場合もあります。 それは、マグニチュード8以上の巨大地震の可能性が高いのです。 令和3年3月29日• このラジオは地域のFM放送を聴けるものですが、災害の発生時には自動的に電源が入って、災害情報等を大音量で伝えるものです。 「わしらの岡山県は、天然の要塞に守られとるんじゃ」 そして、チョークを横倒しにして九州、四国、中国地方の山脈を勢いよく書き加えていきました。 岡山県南部の震度3以上を観測した地震情報 岡山県南部の震度3以上を観測した地域に含まれる市区町村• 鏡野町で道路が崩落し、笠岡市では倒木で停電が発生するなど局地的な被害がありました。 このうち、1946年の昭和南海地震(M8.0)では、児島(こじま)湾北岸や高梁(たかはし)川下流域などの県南部で被害が大きく、死者51人や家屋全壊478棟などの被害が生じました。 これは、阪神・淡路大震災の地震波が15秒間しか続いていないことから見ても、いかに大きな被害になるか、想像がつきます。 2)では、全体で犠牲者11名、負傷者177名となりました。 平成になってからの岡山県の主な台風被害は、下記のとおりです。
96