参考 にし て ください 敬語。 ご参考までにの意味は?使い方や例文8選!敬語や類語は?情報/ご参照

わたしも微妙な表現かなと思っていましたが、何が違うのかわからなかったんです。

「参考」という言葉に「ご」という丁寧語がついているので、敬語表現であるということが分かります。

したがって 「ご参考ください」という表現は敬語としては不適切となります。

」 例文3 「本日は研究発表会にご招待いただきありがとうございました。

例えば、学校で先生に何かを教えてもらった時には、「参考になりました」とは言いません。

その「何か」は「ご参考ください」を言う前に、既に相手に提示してある必要があります。

「参考にしていただけませんか」などと、自分が情報を使っていただく栄に浴する立場であると表現するのが、敬意が明確で摩擦も生じにくいのです。

その方法は素晴しいですね。

「 大変勉強になりました」と言い換えましょう。

一方「参考」は直ちに恩恵的行為となる意味はありません。

64
勢いがあり端切れの良さもある 「持参する」は「持って参る」つまり、この「参」は「参る」の「参」です
そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています 例文1 「先日の勉強会ではそのレベルの高さから有意義な時間を過ごすことができました
ただし、身近な上司や先輩に使うと、やや堅苦しく大げさな表現に感じられてしまいます 私も参ります
「参考」の意味 「参考」とは何かをしようとするときに、他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること、またそのための材料、という意味です お迎えに参りました
つまり、自分の行動に対して使います たとえそれが目に見える資料や書籍などだったとしても、そこに書かれている直接の文字や数字ではなく、その内容を自分に活かすことが参考にするということです
但しこの場合は言葉のもつ意味が変わり、 「参考にしてくれ」ではなく「参考にしろ」という意味になります
これをご参考になさってください」などと言えば不敬極まりない表現です よほど偏屈な人でないかぎり、「分際をわきまえぬ、出すぎた真似だ」と不快になる先生はいないでしょう
50