抗 リン 脂質 抗体 症候群。 抗リン脂質抗体症候群

治療 自己免疫疾患であるものの副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬の有効は示されておらず、低用量アスピリンを主体とした抗血小板療法やワルファリンを主体とした抗凝固療法による再発予防が治療の主体となります。

b 動脈血栓症の予防 処方例 下記の何れかもしくは1 と2 、もしくは1 と3 の併用 1 バイアスピリン錠 100mg 1錠 分1 2 プレタール錠 100mg 2錠 分2 3 プラビックス錠 75mg 1錠 分1 上記の治療で再発した場合、上記1 に加え 4 ワーファリン 1mg 1-10錠 分1 プロトロンビンINR値を2. 血算 中等度の減少症を伴うことが多い。

9