フェニル プロパ ノイド。 フェニルプロパノイド系化合物

)で表されるフェニルプロパノイド系化合物または薬学上許容されるその塩 とラリシレシノールは、食事における全リグナン摂取に実質的に寄与しているものとして、より最近同定された
これらの生合成経路もモノテルペンと対応しています エピカテキン Epicatechin : エピカテキン Epicatechin (カカオ) エピガロカテキン Epigallocatechin (緑茶) エピカテキンガレート Epicatechin gallate (緑茶) エピガロカテキンガレート Epigallocatechin gallate
UV 372 nm サフロミン safflomin フェノールと桂皮酸が結合した構造 ベニバナの花から得られるカルタミン 前駆物質である黄色素ポリオキシカルコンが空気酸化でキノン化されて、赤く発色したもの 後にこのC 2部分はピルビン酸 Pyruvic acid に由来することがわかり、エフェドリンの生合成は次の図に示す経路で進行すると推定されている
またトリプトファンもシキミ酸経路で合成され、その中間体からも芳香物質が生成します ゲスト閲覧では見れません
このような化合物をモノテルペンといいます 全て正解するまで何度でも答えの確認が可能です
薬剤師国家試験 平成29年度 第102回 - 一般 理論問題 - 問 109 天然物A〜Eの生合成に関する記述のうち正しいのはどれか なお、チロシンから生合成されるものとしては、イソキノリン骨格をもつアルカロイドなどがある
例えば柑橘類ならリモネンを生成する経路を触媒する酵素を持っているわけです このフェノール(m)を常法によりアシル化し、式(n)で表されるエステルを得ることができる
経路はコリスミ酸のところで2つに分かれて片方はトリプトファン行き、もう一方はフェニルアラニンとチロシン行きになります 分岐カルボン酸、アルコールの生合成 またエステルの中には分岐メチル基をもつ脂肪酸やアルコールがしばしばみられます
ゲラニオールやネロールは酸化や還元を経て他のモノテルペンに変化します 酵母抽出物、グルタチオン、硫酸銅、キトサン、過酸化水素、サリチル酸、フェニルアラニン、8-methylnonanoic acidの各物質を、それぞれ異なる刺激を細胞に与えるために培地に添加した
8

なお本発明化合物中のあるものはセリ科Pimpinella属植物の精油中に大量に含まれるエポキシ・プソイドイソオイゲノールの各種有機酸のエステル類あるいは化学合成によって得られるエポキシ・プソイドイソオイゲノール(R.Martin,et al.,Planta Medica,198(1985))より、たとえば後述の実施例に示す方法により化学的に合成することもできる。

ケイヒ酸は位に水酸化を受け 4-となる。

これらはいずれも分岐メチル基をもつアミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンから生成します。

Liu Z, Saarinen NM, Thompson LU 2006. 代表例としてスミレの香りのイオノンがあります。

このような有機化合物は植物生理的には二次代謝産物として知られている。

余談ですが、同じようにフェニルプロパノイドとポリケチドから生成する化合物にアントシアニジン(ブルーベリーなどの青紫色素アントシアニンのアグリコン部分を構成する)やフラボノイド(植物の黄色色素)といったポリフェノール類があります。

その他、ダマスコン、ダマセノンはバラの精油の重要香気成分であり、サフラナール(これは炭素数が10なのでモノテルペンとして生成している可能性が否定できませんが)はサフランから、エデュランはパッションフルーツから、メガスチグマトリエノンはタバコから見いだされています。

またそれぞれによって誘導された毛状根には、形態及び成長速度に違いがあった。

( フラバノン Flavanone カルコンが異性化すると、フラバノンになります。

85