横浜市営地下鉄 運行状況。 横浜市営ブルーラインの路線図

- 1号線の伊勢佐木長者町駅-・-上大岡駅と、3号線の関内駅-が開業。 乗換路線. 『横浜市高速鉄道建設史 3』横浜市交通局 編、横浜市交通局、2011年3月。 また、2015年(平成27年)7月18日には 快速運転を開始した。 『横浜市営交通八十年史』横浜市交通局 編、横浜市交通局、2001年3月。 その後、営業利益は、(平成15年)度に21億1400万円、(平成16年)度に34億1500万円となっており、(平成18年)度が前年比で減益となったものの、おおむね増加基調を維持している。 関連項目• - 横浜市交通局が、横浜市庁舎(関内中央ビル)に移転。 一つ目は2019年11月末、「相鉄・JR直通線」が開業した神奈川東部方面線。 またブルーラインで用いているの音色は横浜港の汽笛をイメージした、ソ・シ・レの からなる独特のものである。
14
延伸ルートでは、横浜市営地下鉄が川崎市に伸びます その中で、みなとみらい21線の建設が提案されたため、ルート調整のために2号線の建設を延期
これはと同様である 職員の健康維持を経営課題としてとらえ、やる気の向上や組織活性化から安全重視する企業文化を醸成します
ただ、ブルーラインでは開業当時の古いサイン とその後に改定された新しいサインが併用されていたり、関内駅・蒔田駅のように一部をグリーンラインに準じたサインに更新していたり、戸塚駅のように「横浜市公共サインガイドライン」に準拠したものに更新するなど新旧のサインが混在しており、現在は完全に統一されていない現状である 乗換路線 乗換路線はありません• 「こども どこでも 110円」 夏休みなどには小児運賃全区間110円キャンペーンを実施しており、小児運賃が全区間で110円になる
グリーンラインはよりまで結ぶ計画であり、そのため、で構想された、戸塚区、やへの延伸に向けた財源を確保することが今後の課題とされている 3月 - 運輸調査室が中心となり、市電を廃止して地下高速鉄道を整備すべきとの報告をまとめた
サインの種類 - ボックスサイン(シンボルマーク)・ゲートサイン(駅名)・リニアサイン(のりば案内)• 地域社会と地下鉄 ブルーラインは、戸塚エリア、上大岡エリア、伊勢佐木町エリア、関内エリア、桜木町・、横浜駅周辺、新横浜エリア、港北ニュータウン、田園都市エリアを接続する唯一の市域縦断交通であり、横浜都心や関内の既存市街地から各副都心やニュータウンまで接続させることで、市域一体化を促進した功績は高く評価される 乗換路線 乗換路線はありません• 安全対策ではもう一つ、ソフト面からの「安全を支える職員の育成」もあります
鉄道会社では頻繁に耳にするフレーズですが、「安全の最後の砦(とりで)は人」 PCCS:W マンセル値:N9. なおこのサインシステムは(昭和51年)の第2期開業時・(平成元年)・(平成20年)のグリーンライン開業時に大幅改定されており、その他にも(昭和60年)の第3期開業時・(平成25年)にも改訂が行われている
- 1号線の上永谷駅-と、3号線の-が開業(第3期開業) ブルーラインはすべて6両編成で、寄りが1号車、寄りが6号車となっている
また、には、JR、、、でも、「横浜市営地下鉄線」から「横浜市営地下鉄ブルーライン」と、路線愛称も案内されるようになった して記事の信頼性向上にご協力ください
しかし、ラッピングの劣化等の理由で(平成27年)7月7日に運転を終了した 横浜金沢プロパティーズに社名変更後、に吸収合併
なお(平成20年)3月のグリーンライン開業時には、総合指令所がブルーライン・グリーンラインを一括管理することとした 駅番号 各駅には、を付している
27