スタップ 細胞 は あります。 小保方晴子

論文撤回に反対する小保方氏と違って、笹井氏は「信頼が失われたのは否めない。

この根本となる細胞についての世界特許を持った人、もしくは団体があれば、 数百兆円規模の巨額の利権を手に入れることが出来ます。

彼によれば、「2011年に保健福祉省の研究公正局が追及した不正はわずか12例だった」とのことである( Nature 505 7485 , pp. ファンらが目指したセラピューティック・クローニングは、技術的には一歩実現に近づいたのである(前出「STAP細胞事件が忘却させたこと」参照)。

しかも理研がSTAP細胞論文の取り下げをした後も特許の実態審査等に巨額の費用をかけているとのこと。

所属機関 - 、、、• 週刊文春は「報道ではなく、クリックを稼ぐためのモンキービジネス」と批判している[11]。

2014年7月3日閲覧。

2011年2月に博士論文「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」を提出して、3月15日に早稲田大学での学位を取得した。

9

理研も早稲田大学も文部科学省も、研究不正の再発防止に取り組むとしているが、どんなに努力したところで、減らすことはできてもゼロにはできないだろう。

組織とは都合が悪くなると、特定の人物に責任をすべて被せ、生き残ろうとする。

ELSIが十分に検討されていることもまた、必要条件である(おそらく十分条件ではないが)。

2016年5月12日閲覧。

その上で「再現実験で再現できなかったから信憑性がない」としてアメリカでも日本でも特許申請が棄却されています。

日本でも、研究公正局に相当する機関を設立せよ、との声がある。

ということでそのことについて触れていきます。

雪が積もりすぎていて、車で走るというより目的地まで滑った。

49