ワンタッチ パーテーション ファミリー ルーム。 被災者のプライバシーを守るために 避難所専用テント「ファミリールーム」に開発者が込めた思い(2019年10月24日)|BIGLOBEニュース

そんな中、長野県上田市のある避難所で撮影された光景(写真上)が、ツイッターなどで話題となっている。 半面は解放しているため、 採光や換気ができ、周囲とのコミュニケーションが可能です。 上田市では299個備蓄している 10月16日、取材に答えてくれたのは、上田市の広報シティプロモーション課の担当者だった。 ・簡単に広がるため少人数、短時間で設営ができます。 ・中で火気の使用は危険です。 Producer Yasuhiro Kuroda, Sales Manager, Need Co. ・災害での避難時、プライバシーの確保に役立つワンタッチパーテーションです。 ・スチールスプリングは弾力性があり勢いよく反動するため、周囲にあたったりしないよう注意して下さい。 一つ一つ収納袋に入れて持ち運びもかんたんにできる。 「テントのようなものは、『ワンタッチパーテーションファミリールーム』という名称の製品で、避難生活におけるプライバシーの確保の声が高まっているため、ここ数年で整備しました。

材質はナイロンだ。

入札情報速報サービスNJSS(エヌジェス)では、長野市役所の入札情報や入札結果、入札に必要な参加資格、入札案件の公示書や各種資料、長野市役所が開催する入札説明会や提案書等提出期限、入札日など、入札に関する情報を幅広く調べられます。

まるで小部屋のようになっていて、これなら避難者のプライバシーが確保できるとSNSなどで話題になったのだ。

まったくの初心者でも、すぐに設営できるものでなければ、実際には使ってもらえないことがありますから. 9〜2メートルの場合がほとんどだ。

一人で驚くほどかんたんに組み立てられ、収納できる様子を見ることができる。

上田市が導入した簡易テント「ファミリールーム」に注目)。

今回、ツイッターなどSNSで話題となったことによる反響はどうだったのだろう。

写真見てなるほどと感心しました」 「上田市えらい!」. カップルでゆっくり過ごせるコンパクトタイプや、ファミリーキャンプにぴったりの広々したテントも登場。

ナイロンは低温でもなめらかで、取り扱いやすいという。

64