夢 の 雫 金 の 鳥 籠 14 巻。 夢の雫、黄金の鳥籠という漫画の10巻でイブラヒムとスレイマンがキスしてい...

新しい皇帝が王位につく時、皇帝になれなかった皇子たちが殺されてしまう慣習をどうにかしたいヒュッレムはのんびりした性格のセリムが心配な様子。

イブラヒム処刑までまだかなり時間がありますが、結末に向かってどのような軌跡が描かれるのか、とても楽しみです。

史実のヒュッレムは入宮した翌年にを授かる超強運者だったようです。

スレイマンの考えは! しかしスレイマンはただヒュッレムにねだられたからだけではなく、「今後、オスマン帝国の軍を預ける」と言ったのです。

そう、実はマテウスは イブラヒムと呼ばれる皇帝の側近だったのです。

に対して厳しい発言ですが、の時代のほんの少し前ぐらいですから、時代的に仕方ないですかね。

男は顔を布で隠していましたが、ヒュッレムはすぐにそれがイブラヒムだとわかり、侍女たちに用事を言いつけて二人だけになって話しをすることに。

1526年の再会で完全にフラグがたちました。

だが次の帝位はやはりお前が継ぐがよい」と言ったのです。

二人の対立はさらに深まっていき、ついにヒュッレムはスレイマンに頼んでイブラヒムをクズル・バシュの反乱の鎮圧軍総司令官として東アナドルへ遠ざけてしまおうとしました。

85
イブラヒムの話は予想した通りで、ヒュッレムはメフメトを守るためにはワクフを作ったのだと話します。 お連れしましょう。 もっと手前のほうかと思ってました。 ドロドロの展開が始まりそうですね。 『夢の雫、黄金の鳥籠』について出来事を年表にまとめてみました。 そんなギュルバハルの圧力にも屈さず、ヒュッレムは賢く後宮で暮らしていました。 ハディージェ様はではス様の妹ではなく、姉となっていました。 その手紙をウィーンで受け取ったスレイマンは、イブラヒムの助言を受けて第一皇子メフメトの割礼式も同時に行うようにと条件をつけてきたのです。 そんな和気あいあいな雰囲気の中で、メフメトはムスタファに言ったのです。 次期皇帝はムスタファ皇子! 『ムスタファ殿下は皇帝陛下によく似ておいでだ。
98