この pc へ の プロジェクション。 ノートPCをサブディスプレイ化する方法!古いPCでも可能【無料・簡単】

キャプチャーデバイスでタッチパネル対応のパソコンへ映像を転送した場合はタッチ操作はできません。

2台のPCを同じLANに接続 PCを2台共同じアクセスポイントに接続し、同一LAN内にある状態にします。

検索結果に、「接続」アプリを起動したPC名が表示されたら、それをクリックする。

写真では、分かりやすいように左のノートPCの「接続」アプリをウィンドウ状態で開いたため、デュアルディスプレイのように見えにくいが、「接続」アプリを全画面表示にすれば、完全なデュアルディスプレイ環境となる。

あまりお役に立てずごめんなさい。

782• 627• 785• まとめ win10PCとwifi環境のある方はお試しあれ テレワーク・リモートワークの効率を上げるマルチディスプレイ環境。

今回のケースでは、「複数のディスプレイ」で「デスクトップを 2 と 3 に複製する」を選択します。

589• 330• 今回は、WindowsノートPCをサブモニターにする方法です。

兵庫県三田市でホームページ制作をしているゴリラドットです。

6 37
673• [スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]アプリを起動して、[システム]-[このPCへのプロジェクション]画面を開く。 Intel のグラフィックドライバーを無効にすることで問題が解決したという情報がありました。 プロジェクターを使ってプレゼンをする場合、デモの時ってどこを見て操作していますか? Miracastがサポートされていない場合の[接続]アプリ画面 [接続]アプリを起動した際、「このデバイスではMiracastがサポートされていないため……」といった表示された場合、残念ながらサブディスプレイにすることはできない。 「ホスト、クライアント」と表記すると分からない人もいると思いますので、以降から以下表記とします。 フリーソフトなので無料で利用できます。
63