急性胃腸炎 何日休む 仕事。 仕事に行きたくない!そんなあなたに「欠勤理由カレンダー」を作りました

ウイルスや細菌の量が多かった場合 などは注意が必要で、脱水症状にも注意しなくては行けません。
どれくらいの期間休むのが一般的? 一般的には強い吐き気や下痢などの症状は1日~2日くらい治まる場合がほとんどです。 今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。 ウイルス性胃腸炎の主な症状と経過 主に、 お腹の風邪と言われることがあります。 そして、家で休んでいる間や、回復期には胃腸への負担にならない消化の良い食べ物を選ぶようにし、香辛料のたくさん入った辛い食べ物や、肉類や食物繊維を多く含む食材などもオススメできません。 勇気を持って仕事を休もう ウイルス性胃腸炎は極めて感染力の高い病気です。
52

また、仕事がたまっているからといって、いきなり残業するのも不規則な生活の原因になるので、可能であればしばらく控えた方が良いでしょう。

あっくんと彼女• 転職したばかりの時などは有休がほとんどない場合もあると思います。

四類:狂犬病、黄熱、マラリアなど• 体が万全の状態になるよう長めに休みをとりましょう。

自宅で十分な休養を取っておかないと、いざ職場に戻っても不本意な現実に直面しかねません。

発熱時は首などを冷やし、むやみに解熱鎮痛剤などを飲まず、病院で処方される吐き気止めや整腸剤を服用してください。

したがってご自身が養生されて出勤しても大丈夫です。

おう吐や下痢、発熱の症状が出て、病院でノロウイルスと診断された場合、軽症であれば出勤を考えるかもしれません。

毎年聞くノロウイルスをはじめ、ロタウイルス、アストロウイルス、アデノウイルスなど。

51