山ちゃん 結婚会見。 山里亮太が結婚会見で見せた男気“魔性の女”否定に絶賛の声

メガネを変えると、かっこよくなったりする これは、本当にそう感じますね。

一番かっこよかったのは、このシーンでした。

蒼井さんは結婚の決め手について、「大事なことを言い忘れていた」と最後に再度マイクを握った 基本的には怠け者だが、実際仕事に入ったらとことんやってしまう
結婚前に「子どもはつくらない」と夫婦で取り決めていたにもかかわらず、結婚後に妻が「欲しい」と言い出して激もめした 「浮気の心配は?」との質問にも、「ないです」と即答していた山里と蒼井
自分は被害を受けない 山里亮太さんが自虐ジョークするたびに、クスクスと笑い周りにもリラックスさせる雰囲気がありました
楽しいもので笑って、美味しいものを食べて、『魔性』って使っているけど、そんな人間じゃないって知っている 同日19時からは蒼井とともに結婚会見を開き、大勢の報道陣が詰めかけた
頭の中にそういう引き出しがたくさんあれば、あとは引き出しを開けるスピードを「筋トレ」で上げていくのだ、と 金銭感覚が似ている• 素敵な夫婦
これには蒼井も感動した様子で、目に涙を浮かべながら隣で話を聞いていた 心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する
85
そこが世間私たちにとってカッコ良く見えました。 陸上競技に例えるなら、マラソンの並走(交際)と二人三脚(結婚)ほど違う。 「みなさんの目の前にいる蒼井さんと違う蒼井さんを僕は見せていただいているんで」(山里さん) どこで泣いたのか、「ここ」とはどこか、というと「魔性」の場面だった。 そうしたイメージを否定し、真摯に彼女を守ったのだ。 終始和やかな雰囲気で進んでいた会見だが、緊張感に包まれた場面があった。 つまり事実上の「交際0日婚」である。 約1時間16分に及んだ記者会見や報道を総合すると、こういうことらしい。 そして「世の中の狙ってた方々には申し訳ない」と言って、「ちょっと1回鏡見てきましょうか」と笑いをとった。 素敵だ。 誰もがそう思ったはずだ。
1

(文・矢部万紀子、撮影・今村拓馬) 矢部万紀子(やべ・まきこ):1961年生まれ。

山ちゃん(山里亮太)は「魔性」と世間が騒いでいるだけで、本当の蒼井優さんは全然違うとキッパリ断言。

相当すごい指輪を買うつもりだったので、その分全部使い切ろうかなと思っています(山里) もし山里が浮気をしたらどうする?• 「何かをする時、いつも言葉を残すというルールを持っている」 と語り、具体的な方法をこう説明してくれた。

著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』。

結婚会見:山里亮太が守った蒼井優の批判 結婚会見で蒼井優さんの「魔性」について質問をしてきました。

「私の自宅で会っていただいたんですけど、泣いてくれてました。

お笑い芸人として、これほど嬉しい言葉はないだろう。

89