イタンジ bb。 「申込受付くん」の賃貸入居 電子申込数は年間20万件突破、2年連続導入社数No.1|イタンジ株式会社のプレスリリース

僕は全てのサービスでCSを担当していたのですが、サービスが変わるタイミングでは何もできることがなかったんです。

未経験でエンジニアとしてのキャリアをスタートした入社当時の話や、行動指針を体現しながらこれまで携わってきた仕事、イタンジに対する想いなど。

「サバンナで生き抜くことが…」みたいなことを言いつつも、そのような人だけ採用しようとすると100人の組織なんて作れないですよね。

ですが、失敗することを恐れず、次の大きなビジネス創出に向けてチャレンジすることがイタンジらしさなので、自分達のらしさを失わず、次の大きな成功を見据えて挑戦し続けていきたいと思います。

このサービスは、2020年7月より賃貸管理会社2社で運用を開始します。

DeepLearningを使った不動産価格査定サービスの開発 AI. 0」はポータルサイトと店舗対応といったネットとリアルがあまり融合できていないサービス。

69

また、事業は急成長していますが深夜まで働いているわけではなく、ほとんどのメンバーの残業時間は10時間程度となっています。

イタンジは、この統合により、以下の機能を利用いただくことで、不動産賃貸における管理会社、仲介会社、入居者を繋ぎDXを推進します。

なお、不動産業者間のWEB物件検索機能への物件掲載は無料です。

そういった現状から脱却し、より強固なエンジニア組織を作っていけるように様々な施策を実施していくつもりです。

二つ目は言われたことをやりつつも、一人で新しい機能を作りきったフェーズ。

詳細は以下へお問合せください。

これにより、賃貸管理会社は賃貸物件の内見時における電気契約切替の自動化をすることが可能になりました。

しかし、入居者と物件情報のマッチングがメイン業務である不動産業では、顧客情報と物件のデータベースを統合し、各情報をシームレスにつなげることで、新たな顧客価値を提供できると判断。

2021年4月、デジタル改革関連法案が衆院本会議で可決されました。

また、2019年には、「OHEYAGO」というC向けのサービスもスタートしました。

また、電力料金の請求書も物件ごとに紙で送付されてくるなど、賃貸管理会社の業務に負荷がかかっているのが現状です。

なお、現時点では、重要事項説明書は書面での交付が必要です。

売れるようになってくると、セールスが足りなくなり、自分の役割は営業へと変わっていき、それまでやったことない、大手への商品販売を実際に売っていきながら学んでいきました。

入居と電気のワンストップサービスを通じて、入居率向上を期待• 「ITANDI BB +」には、累計利用者数340万人を超えるAIを活用した顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」や、累計電子申込数約40万件の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」などの、賃貸不動産業界のインフラとも呼べるサービスが含まれています。