水質 汚濁 防止 法。 大阪府/水質規制

また、の権限強化を行い、条例による上乗せ排水基準の設定、排水基準違反に対する直罰等を盛り込んだ内容となった。

ゆえに、規制値を大きく超過した排水がし続けられていても、水質汚濁防止法の条文におけるに該当しない等の理由で水質汚濁防止法は適用されないということもある。

法3・9. 質問の内容についてご指摘ありましたので、以下に具体的な質問内容を記載しました。

なので、特定施設の種類や、事業所の業種で分けています。

カドミウム及びその化合物• 疑わしきは罰せられません。

ただし、給水人口が100人以下である水道によるものを除く。

)又は有害物質貯蔵指定施設を設置している者 (設置の工事をしている者を含む。

)を都道府県知事 (水質汚濁防止法第28条第1項の政令で定める市の区域内の同法第2条第2項に規定する特定施設に係る場合にあっては当該市の長とする。

以下同じ。

以下この項において同じ。

また、有害物質を使用・製造・処理する場合は、構造規制の対象になるため、構造基準も遵守する必要があります。

72

小規模向け• 対処方法 [ ] へのの場合、特に埋設された排水管等への対策は確立されたものが無く、例示も少ないため、対象となる管路施設については個別案件毎の対応となることが多く、排水管の敷設状態に合わせて様々な対応をとられている。

複数の人間が測定結果をチェックする体制になっているか• 近年は平成15 2003 年に水道法施行規則の一部を改正する省令がだされ、平成16 2004 年から新水質基準 50項目 が施行され現在に至っている。

制定の背景 [ ] 水質汚濁防止法が制定されるまでは、昭和33年()に制定された(水質保全法)、(工場排水規制法)によって、規制が行われていた。

1 人の健康の保護に関する環境基準 人の健康の保護に関する環境基準は、全公共用水域につき、別表1の項目の欄に掲げる項目ごとに、同表の基準値の欄に掲げるとおりとする。

法3・5、26 9 「水道施設」:水道のための取水施設、貯水施設、導水施設、浄水施設、送水施設および配水施設 専用水道にあっては、給水の施設を含むものとし、建築物に設けられたものを除く。

ただし、その用に供する施設の規模が政令で定める基準 10t 以下のものを除く。

ベンゼン• 一・一・二-トリクロロエタン• R02. ) 51 マンガン及びその化合物 52 鉄及びその化合物 53 銅及びその化合物 54 亜鉛及びその化合物 55 フェノール類及びその塩類 56 1,3,5,7-テトラアザトリシクロ[3. クロム含有量• )の下にある場合に、それぞれ適宜行なうこととする。

さらに、特定事業場が「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例 環境確保条例 」 以下「条例」という。

93