イソジン うがい 薬。 新型コロナとイソジン、押さえておくべきこと

医療現場では手指や皮膚の消毒には7. イソジンうがい薬とイソジンきず薬ではポビドンヨードの濃度の違いがあり、イソジンうがい薬では傷口や手指に対する消毒の効果を十分に発揮できません 中でも、口から菌やウイルスの侵入を防ぐには、殺菌・殺ウイルス効果のあるうがい薬をつかい、口腔内およびのどを殺菌・洗浄することが重要です
保管及び取り扱いに関する注意 (1)直射日光の当らない涼しい所に密栓して保管してください 苦みのないマイルドミント風味
さらに、消毒薬は濃ければ濃いほど効果が高いと思い込んでいる人も多いですが、濃いと粘膜を傷つけてしまいます 成分・分量 1mL中 ポビドンヨード・・・70mg(有効ヨウ素として7mg) 【添加物】 エタノール、l-メントール、サッカリンナトリウム、香料を含有しています
なお、イソジンウォッシュのような手洗い専用の消毒薬はイソジンうがい薬より濃い濃度のポビドンヨードを含んでいますが、水で洗うことでポビドンヨード独特の色が残らないように作られています きず薬とうがい薬との違いは実は、ポピドンヨードの濃度の違いです
(誤用の原因になったり品質が変化します イソジンうがい薬の副作用 有効成分であるポビドンヨードはヨード(ヨウ素)であるため、何度も使用していると、そのうち粘膜からヨードが吸収されてしまい、うがい薬を飲み込んでいなくても 体内に取り込まれてしまう可能性があります
たくさんの人が集まるこれらの場所では、インフルエンザやおたふく風邪、風疹などの感染症が広がりやすいという点があります ポピヨンヨードによるうがいを励行する」といった内容の記者会見を行ったようです
多くの人は一過性ですが、元来甲状腺に病気を持っている人や一部の健康人においても甲状腺機能低下症を招くことがあります なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください
薬剤師としては、これらのような使い方をしている人がいることをきちんと把握し、これらの使い方を勧めるのではなく、各々の症状の元になっている疾患をごまかさずに受診を勧めていくべきです 万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください
風邪などのウイルス感染予防には勧められません その場合は直ちに医師の診療を受けてください
口に含んだ時の清涼感や整った味のために、エタノールやl-メントール、サッカリンナトリウムが使用されています 当社についてはホームページをご覧ください
診療終了後家に帰り、その会見を詳しく見てみました また、 ポピドンヨードのうがいによる感染予防に関しては、いままで否定的なデータも出ています
また以前、毎日朝、寝る前に風邪の予防のためにイソジンでうがいをしているという高齢者もおられました ポビドンヨードをうがいや手洗いに利用すれば、感染対策の強い味方になるでしょう
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください 1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください (1)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人 (2)次の症状のある人 口内のひどいただれ (3)次の診断を受けた人 甲状腺機能障害 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ 口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感 消化器:吐き気 その他:不快感 まれに次の重篤な症状がおこることがあります
実際に、 口臭予防効果なども効能に挙げられているので、上記のような副作用をしっかりと理解した上で使用することが大切です 口内炎だと思っていたらがんだったいった事例までありますので、口内炎が長引くようならイソジンでごまかすことなく、きちんと受診を勧めるべきでしょう
21