アメリカ 大統領 選挙 予想。 大前研一「大統領選挙の結果分析でわかったアメリカ人の本音」 バイデンはすでに任務を終えた

フランクリン教授 「少なくとも全国レベルの世論調査は極めて正確でした。 最高裁判事死去の波紋 トランプ氏のコロナ感染という衝撃的なニュースで印象が薄れた格好になったが、ルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事が9月18日に87歳で死去したことは、今回の選挙戦におけるもう一つのサプライズだった。 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」によると、バイデン氏が優勢(10月12日時点、74ページ表)で推移している。 Franklin D. 初のセカンドハズバンド 副大統領候補として指名されたカマラ・ハリス上院議員は、父親がジャマイカ系移民で米スタンフォード大学の教授を務め、母親はタミル系インド人で著名な医学者であったことが知られている。 コロナに対して慎重姿勢の有権者が多い民主党とは違う強みがある。 それからすると1カ月の間に状況は急変したことになる。 給与所得だけ見ても、約72万ドルと倍増している。 (前嶋和弘・上智大学総合グローバル学部教授) (本誌初出 直前大予想 トランプ氏のコロナ感染 最高裁判事死去で大混迷=前嶋和弘 20201027). 過去のパターンが繰り返されるとすれば、2020年はトランプ大統領が再選を果たすことになる。
2016年の選挙では共和党のトランプ候補が民主党のクリントン候補を破って当選を果たした。 2000年の選挙では共和党のブッシュ候補がゴア前副大統領を破り、2004年の大統領選挙で再選を果たしている。 データはリアル・クリア・ポリティクスの世論調査に基づく。 仮に2016年の「隠れトランプ」が本当だとして、今回も同じように数字に出ない票をトランプは隠し持っている可能性があるのかというと、ゼロとは言えないまでも、こちらは相当に少ないと思われます。 どちらの候補者の支持者が選挙に熱心かを調査したものである。
95