赤城 神社 主婦 失踪 事件。 群馬県宮城村三夜沢(前橋市三夜沢)の赤城神社主婦失踪事件を考察。

主婦の人が旦那に嫌気がさしコンビニやスーパーに行くと言い残しそのまま失踪することはあるからです。 すぐに行き止まりとなるが、その向こうには広大な森林が広がっている。 一般に嫁姑トラブルや「家」は嫁にとってストレスの原因となりやすく、親族中からイジメを受けるといった環境であれば失踪する動機になるであろう。 - 1913年12月26日以降、で失踪。 ゴールデンウィーク中の1998年5月3日のお昼頃、48歳の女性Sさん 仮名 は夫の家族全員でこの赤城神社を訪れていた。 そのため、二度と老婆は現れなくなったそうです。 そして事件から7ヶ月後、 事件当日の同じ時間帯に偶然撮影されていたホームビデオがテレビ朝日に撮影者から提供されました。 今後に期待しています。 - 1945年11月28日、にてに連行された後消息不明。
10